SBIマネープラザの「MR.住宅ローンREAL」を徹底検証|保険の節約相談もできるのが強みです | イエ&ライフ

SBIマネープラザの「MR.住宅ローンREAL」を徹底検証|保険の節約相談もできるのが強みです

住宅ローン

この記事では、SBIマネープラザの「MR.住宅ローンREAL」について、徹底検証していきたいと思います。

 

1、「MR.住宅ローンREAL」の特徴

SBIマネープラザでは、住信SBIネット銀行の住宅ローンの販売を行なっています。

ですから、住信SBIネット銀行と金利は同じになっていますが、全国22店舗で相談できる点が売りとなっています。

 

(1)金利

住宅ローンの金利は、「基準金利」から「引き下げ幅」を差し引かれて金利が決まります。

「基準金利」は定価で、「引き下げ幅」が割引率だと思えば結構です。

 

「MR.住宅ローンREAL」では、この「引き下げ幅」の条件によって2種類の金利タイプのどちらかを選びことになります。

 

①通期引き下げプラン

通期引き下げプランとは、基準金利からの「引き下げ幅」が、ずっと変わらないプランです。

 

 表面金利引き下げ幅
変動金利(新規)最新の金利条件で比較するならこちら変動金利に変える場合は、-1.55%
変動金利(借換)
5年固定固定金利に変える場合には、-1.30%
10年固定
20年固定
35年固定

 

②当初引き下げプラン

当初引き下げプランとは、最初に適用される固定金利の金利が低いプランで、その期間が過ぎると引き下げ幅が小さくなり、トータルで見ると支払額が多くなってしまうプランです。

そのため、「繰上げ返済を使ってなるべく早く完済を考えている人」にオススメのプランと言えます。

 

 表面金利引き下げ幅
変動金利(新規)最新の金利条件で比較するならこちら

・2-5年固定から変更する場は、-1.80%

・7年固定〜から変更する場合は、-0.70%

変動金利(借換)
5年固定固定金利に変える場合は、-1.20%
10年固定固定金利に変える場合は、-0.70%
20年固定
35年固定

 

(2)手数料

上で説明した金利は表面金利で、それ以外にも事務手数料などの費用がかかります。

事務手数料借入金額 × 2.16%
繰上げ返済手数料

基本無料

ただし、固定金利期間中の完済時のみ:32,400円

 

例えば、3,000万円の借入をした場合には、648,000円の事務手数料がかかります。

なお、この事務手数料は、他のネット銀行でも横並びなので、他と比較する必要はありません。

 

(3)その他の契約条件

その他、利用するための条件を一覧表にしましたので、確認してください。

借入可能金額500万円〜2億円
金利プラン「通期引き下げプラン」と「当初引き下げプラン」のどちらかを選択。途中変更は不可。
連帯保証人収入合算者のみ。契約者が1人の場合は、必要なし

 

ネット銀行で申し込むと、書類のやり取りは基本的に郵送になりますので、時間がかかるのがネックとなります。

その点、SBIマネープラザなら、店舗でやりとりができますので、仕事帰りによるなどすれば、早めに審査を進められるのもメリットですね。

 

また、ネット銀行では借入額の上限が1億円以下のところが多いですが、対面で審査できるため、「MR.住宅ローンREAL」では2億円まで借りることが可能になっています。

 

(4)団体信用生命保険と特約について

民間の住宅ローンでは、ローン契約者に万が一のことがあった場合のために、団体信用生命保険(団信)への加入が義務付けられています。

「MR.住宅ローンREAL」でも、この団信に加入するのですが、保険料は金利に含まれているので、追加の費用は発生しません。

 

ですが、各行ではそれに加えて「特約」という形で、差別化を図っています。「MR.住宅ローンREAL」でも、他行にはない「特約」がありますので、それをご紹介します。

 

病気やケガで入院期間が長引いた場合、ローンの返済を肩代わり

「MR.住宅ローンREAL」では、病気やケガで入院期間が1ヶ月以上続いた場合に、その期間の返済を保険会社が肩代わりしてくれます。

 

MR住宅ローンREALの全疾病保障

(参考:SBIIマネープラザ MR.住宅ローンREAL)

 

そして、さらにその期間が1年以上に渡った場合には、なんとローン残高全額を保険会社が払ってくれるのです。

この保障が無料でついてくるので、かなりお得な条件だと言えるでしょう。

 

さらに、SBIマネープラザの優れているところは、一緒に保険の見直しもできる点です。

 

SBIマネープラザの保険見直し

(参考:SBIIマネープラザ)

 

例えば、団体信用生命保険(団信)に入れば、現在加入されている生命保険の保障も削ることが可能になります。

ご家族のために加入されている生命保険は、家賃を含めての生活費から保険金を計算しているはずですが、団信は家賃分の保障にあたりますので、その分減らすことも可能だからです。

 

団信加入後の生命保険のイメージ

 

これ以外にも、「MR.住宅ローンREAL」の全疾病保障は、「就業不能保障保険」や「医療保障の入院保険」と同じような効果を持っていますから、アドバイザーの方と話し合って、保険料の節約をすることも可能です。

 

この点について、詳しく解説した記事もありますので、興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

がん保険っているの?住宅ローンの「団信の特約」はお得なのか?
住宅ローンにつけられるガン特約は、本当にお得なのでしょうか?各行が提供しているサービスの特徴と、どんな人が使えばいいかを解説しました。

 

結論:どんな人に向いているか?

「MR.住宅ローンREAL」は、

  • 変動金利と当初引き下げプランの5年固定金利が低い
  • 団信の特約が無料でついてお得
  • アドバイザーが保険などにも精通しているので、団信の特約と重複した保険を削って節約することが可能

といった点が優れている住宅ローンです。

 

そのため、

  • 金利は当分上がらないだろう、と思っている人
  • 繰上げ返済で、早めにローンを減らすつもりの人
  • 実際に相談して、納得して決めたいという人

にはピッタリの住宅ローンと言えるでしょう。

まずは1度、確かめてみてください。

 

 

最新の金利状況を他行と比較する場合はこちら↓

 

最新の金利条件で比較するならこちら

 

 

もし今後の金利について考えてみたい人は、こちらの記事が参考になるかもしれません。

住宅ローンの金利の見通し。異次元緩和はいつ終わるのか?
量的緩和政策のこれまでの流れから、今後の住宅ローン金利の見通しについて解説します。

 

 

コメント