小樽市の人口推移|この10年間で、どのように変わってきたのか? | イエ&ライフ

小樽市の人口推移|この10年間で、どのように変わってきたのか?

小樽市 北海道

この記事では、小樽市がこの10年間で、どのように変化してきたのか?そして、これからどんな街になっていくのか?について、各種データをご紹介しながら、考察していきます。

 

1、小樽市の人口

(1)小樽市の人口推移

小樽市の2013〜23年までの10年間の人口・世帯数は、約2万人の減少をして10.8万人、約5,000世帯減少して、6.1万世帯でした。

この10年で15%以上も減っている計算になります。

 

小樽市の人口

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

年代別の人口変化

年代別に見てみると、65歳以上は増加しているものの、そのほかの年代は、いずれも2割以上減少していました。

 

小樽市の年代別の人口

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

高齢化率(65歳以上の人口)は、約41.2%と、全国平均の28.4%を大きく上回っている状況です。

 

地区別の人口変化

では、具体的に、どのあたりで増加・減少しているのでしょうか。

2018〜23年までの5年間で、人口が50人以上増加・減少している地区を調べた結果がこちらです。

 

小樽市の地区別の人口変化(2018.1〜23.1)

赤色(+300人以上)>オレンジ色(+100〜299人)>緑色(+50〜 99人)>青色(-50〜 -99人)>紫色(-100人以上)

(参考:小樽市HP 住民基本台帳)

 

増加しているのは、朝里駅、ほしみ駅の周辺にできた新興住宅地だけで、あとはほぼ全域で減少していました。

 

(2)小樽市の転入超過数

人口が減少している小樽市ですが、市外からの移住してくる人はどの程度のなのでしょうか?

 

転入超過数(小樽市に引っ越してきた人から、出て行った人を差し引いた数)を見てみると、だいたい毎年400〜900人ペースで、市外へ移住する人の方が多かったようです。

 

小樽市の転入超過数

(参考:総務省統計局 住民基本台帳人口移動報告)

 

では、その内訳は?

というと、毎年増えているのは、外国人だけで、特に15〜29歳の人口流出が目立ちますね。

進学や就職を機に、札幌市へ移住する人が多いのでしょう。

 

年代別の転入超過数

小樽市の年代別の転入超過数

(参考:総務省統計局 住民基本台帳人口移動報告)

 

また、外国人の移住は増えているため、小樽市の外国人は、5年前から比べて約140人増加して、2023年現在で約700人います。

 

 

実数

18年比

人口

世帯数

人口

世帯数

日本人

107,813

60,949

-10,541

-3,165

外国人

735

462

+141

+114

合計

108,548

61,411

-10,400

-3,051

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

小樽市では、ベトナム、中国からの人が多いようです。

外国人の移住は、毎年増加していますので、今後も増えていくと予想されます。

 

(3)小樽市の人口予測

国立社会保障・人口問題研究所が、2023年に発表した小樽市の人口の見通しによると、2025→35年の10年間で人口は約2万人減少するそうです。

これから10年で、約2割減る計算になります。

 

小樽市はこれから10年で約2万人減少

小樽市の人口予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 「日本の地域別将来推計人口(令和5年推計)」)

 

また、高齢化率(65歳以上)は、2025年には約42.6%、10年後の2035年には46%を超え、2045年には50%を超えます。

人口10万人以上の都市の中では、道内で最も高い高齢化率となっています。

 

小樽市の高齢化率は、これから10年で45%を超える

小樽市の年代別の人口予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 「日本の地域別将来推計人口(令和5年推計)」)

 

10年後には、7割近くが50代以上となりますので、かなり街の雰囲気も変わってくるのではないでしょうか。

 

2、小樽市の住宅事情

(1)小樽市の新規建設戸数

小樽市の新規建設戸数は、ここ10年で見ると、戸建てはほぼ横ばいの感じですが、マンションの建設はかなり減っています。

 

小樽市の新規着工数

(参考:国土交通省 「建設着工統計」)

 

(2)小樽市の空き家率・空き家数の内訳

小樽市で、「未利用」状態の空き家は、2018年時点で約5,100戸あり、全体の約8%が空き家となっている状況です。

 

小樽市の空き家の内訳

(参考:国土交通省 「平成30年住宅・土地統計調査 調査の結果」)

 

このデータは2018年までのものなので、この5年間でどのようになっているのかが気になるところです。

小樽市は、坂が多いですし、中心部では人口減少も目立っていますので、かなり空き家は増えていると予想されます。

 

まとめ

というわけで、この10年間の小樽市の人口の変化をまとめると、

  • ほしみ駅や朝里駅などの、札幌方面の新興住宅地で、一部増加しているものの、全体的に人口減少が激しい
  • 若い世代の札幌などへの移住が多く、高齢化率が道内でもトップクラスになっている

と言えるでしょう。

 

なお、このサイトでは、小樽市の不動産に関する記事も書いております。ご興味のある方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

小樽市の土地価格|上昇・下落した理由|今後の見通し
小樽市の令和5年度の公示地価の平均価格は、住宅地で17,200円/㎡(前年比+0.6%)、商業地で91,600円/㎡(+0.9%)でした。この記事では、価格データや、上昇・下落した理由、今後の見通しについて解説します。

 

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

コメント