足利銀行のリバースモーゲージの特徴|栃木県で使えるエリアはどこ?

足利銀行のリバースモーゲージ リバースモーゲージ

 

この記事では、

  • 足利銀行のリバースモーゲージのメリットとリスク
  • どんな人が使ってはいけないのか?

について、詳しく解説していきたいと思います。

 

足利銀行のリバースモーゲージの特徴

はじめにリバースモーゲージ・ローンについて少しだけ解説します。

 

リバースモーゲージ・ローンとは?

リバースモーゲージ・ローンとは、

「自宅を担保にお金を借りられて、死んだ後に売却して清算」

する仕組みのローンのことです。

 

リバースモーゲージの仕組み

 

その主なメリットは、

  • 死ぬまで自宅に住み続けられる
  • 高齢でもお金を借りられる

の2点が大きいですね。

 

デメリットとしては、

  • 死ぬまで金利がかかる(場合によっては払い続けなければならない)
  • 相続人の了承が必要な場合がある
  • 担保の資産価値が借入額よりも下回ると、返済しなければいけない

といった点があります。

これらのデメリットについては、後ほど詳しく解説します。

 

足利銀行のリバースモーゲージの契約条件

*2019年1月1日現在

項目 条件
年齢 60才以上80才未満
年収

公的年金、給与収入等安定した収入がある方

対象物件

戸建て

使い途

住宅の建設資金、または購入資金、サービス付高齢者向け住宅の入居一時金、子供の住宅費用など、住宅関連の支出のみ

借入可能額

100〜5,000万円まで

*ただし、リフォームの場合は1,500万円が上限

*担保評価額の50%まで

対象地域

栃木県

担保評価額の見直し

年に1回。

担保評価が借入額を下回った場合には、その分を一括または分割で返済

返済方法(金利分) 毎月返済
返済方法(元本) 相続人による自宅の売却、または現金による一括返済
金利

変動金利

  • 住宅建設・リフォーム等:2.5%
  • 老人ホーム等への入居一時金:3.0%
費用
  • 事務取扱い手数料:54,000円
  • 条件変更費用:10,800円

その他、登記費用・印紙税など実費

 

足利銀行のリバースモーゲージは、他行に比べて金利が低い

他行に比べて金利が低いのが、足利銀行のリバースモーゲージを利用するメリットです。

例えば、栃木県内で利用できるリバースモーゲージは、足利銀行以外にも栃木銀行、りそな銀行がありますが、その金利は以下の通りです。

 

金利条件は、足利銀行が最も低い

  金利 使い道
足利銀行 2.50% 住宅関連
りそな銀行 2.975% 住宅関連
栃木銀行 3.25% 自由

 

老後の生活資金として利用する場合には、金利は高いですが栃木銀行の利用となります。

住宅関連での利用であれば、足利銀行が条件的に良いと言えますね。

 

足利銀行のリバースモーゲージの注意点

①契約者の死亡後、配偶者は最長3年までしか住み続けられない

この点が、足利銀行のリバースモーゲージで1番気をつけなければいけない点でしょう。

 

通常は、契約者は旦那さんの場合が多いですし、奥さんの方が長生きする可能性が高いですから、残された奥さんも3年後には自宅を売却して他へ引っ越さなければいけません。

 

そのため、契約者が亡くなった後は、有料老人ホームへ入居するなど、予め計画を立てられる場合のみ利用すべきでしょう。

 

②使いみちが住宅関係のみ

資金使途も住宅建設やリフォーム資金に限定されているため、旅行や生活費にあてるという使い方もできないので、かなりニーズが限定されたローンと言えます。

この点でガッカリされる方もいそうですね。

 

足利銀行のリバースモーゲージのリスク

ここからは、リバースモーゲージを使う際に、考えておくべき注意点について解説します。

 

「郊外の戸建て」は使ってはいけない

リバースモーゲージのもっとも怖いところは、「数十年先に売却をして清算」という点です。

これは「死ぬまで住み続けられる」というメリットである一方で、「数十年先までの土地価格の変動リスク」でもあるからです。

 

2008年に日本の人口はピークを打ち、10年過ぎました。

これから人口はもっと減っていくわけですから、土地価格が下落しやすいエリアは、当然増えていきます。

 

過去20年間の住宅地の下落率を調べてみたところ、栃木県の土地価格は4割以上下がっていました。

もし、現在2,000万円と評価されたとしても、20年後には1,200万円まで下がって、担保割れになる可能性は十分にあるのです。

 

【青の点線】栃木県の住宅地の公示地価(1988年=100)

栃木銀行の公示地価の推移

(参考:国土交通省 地価公示)

 

また、この5年間で土地価格が上昇していると言われていますが、通勤に便利な駅に近い一部のエリアだけで、郊外のエリアではほとんどが横ばい、ないしは下落しています。

 

この5年間の住宅地は、全ての市区町村でマイナス

(参考:国土交通省 地価公示)

 

かろうじて上昇しているのは、宇都宮市よりも南側の宇都宮線沿線の一部エリアです。

駅近のエリアでなければ、利用するのは危険でしょう。

 

 

また、もう少し詳しく知りたい方は、こちらから公式ホームページへと移動できますので、そちらで確認してみてください。

 

足利銀行のリバースモーゲージはこちら

 

 

また、このサイトでは、47都道府県の主な市区の土地価格の現状と、将来予想について解説しています。

こちら↓のページから、各市区を探せますので、興味のある方はご覧になってみてください。

 

都道府県、市区町村ごとの土地価格の今後の見通し
都道府県、市区町村別の土地価格の分析をしています。今後の不動産市場の動きも解説します

 

 

コメント