東大和市の路線価の調べ方|活用方法の注意点 | イエ&ライフ

東大和市の路線価の調べ方|活用方法の注意点

東大和市東京都

この記事では、東大和市の

  1. 路線価の調べ方
  2. 路線価の活用方法の注意点

について解説していきます。

 

1、東大和市の路線価の調べ方

路線価は、毎年7月1日に国税庁から発表される土地の評価額のことで、相続税の申告の際に使われます。

基本的には公示地価や基準地価の80%の価格になっているため、まずはザックリ価格を知りたい場合には、こちらを参考にするのが簡単です。

 

東大和市の路線価・公示地価

*地名を検索窓に入力すると絞り込めます。1文字からOK

*公示地価:2021年1月1日現在

 

住居表示最寄駅(m)路線価(万円/坪)公示地価(万円/坪)
東大和市芋窪2丁目2053番2外上北台(1400)35.444.2
東大和市芋窪3丁目1682番4上北台(1100)34.142.6
東大和市芋窪6丁目1070番6上北台(600)41.251.5
東大和市湖畔3丁目972番13武蔵大和(1200)33.842.2
東大和市向原2丁目778番13東大和市(1200)49.161.4
東大和市向原5丁目1129番11東大和市(800)52.665.7
東大和市高木3丁目268番9武蔵大和(1300)37.847.2
東大和市高木3丁目347番24東大和市(2000)37.246.5
東大和市桜が丘4丁目318番31桜街道(440)44.956.1
東大和市上北台3丁目445番11桜街道(500)48.160.1
東大和市新堀2丁目1481番8外東大和市(1500)4353.8
東大和市清水3丁目784番12武蔵大和(400)43.854.8
東大和市清水4丁目968番17武蔵大和(900)4151.2
東大和市清水6丁目1257番12武蔵大和(1200)43.654.5
東大和市中央1丁目537番15東大和市(1500)44.355.4
東大和市仲原1丁目7番32東大和市(1700)44.956.1
東大和市仲原3丁目4番17東大和市(1900)4353.8
東大和市仲原4丁目11番11東大和市(1300)49.161.4
東大和市奈良橋1丁目362番9上北台(1700)32.540.6
東大和市奈良橋4丁目669番13上北台(1300)35.143.9
東大和市南街1丁目37番2東大和市(850)55.269
東大和市南街3丁目41番7東大和市(1000)56.270.3
東大和市南街5丁目73番2東大和市(330)59.774.6
東大和市南街5丁目95番6東大和市(270)76.395.4
東大和市立野1丁目1020番25上北台(700)46.758.4
東大和市立野3丁目580番1外桜街道(900)39.449.2

 

ご覧の通り、公示地価・基準地価は、全国で約5万地点の土地価格を算出しているため、知りたい場所の価格がない場合が大半です。

 

もし、正確な路線価を知りたい場合には、こちらから調べることができます。

地図上の道路に価格が記載されています(単位:千円/㎡)ので、面積をかければ相続税評価額が分かりますし、さらに1.25倍すれば、公示地価に準じた土地価格が分かります。

(「国税庁 令和3年度 東大和市 路線価図評価倍率表」)

 

2、路線価をもとに、土地価格を知りたい人の注意点

公示地価・基準地価が全国約5万地点に対して、路線価は約31万地点の価格が掲載されています。

 

そのため、路線価をもとに実際の価格を算出(路線価に1.25倍すると理論上は出てきます)することは可能ですが、実際の取引で参考にしようとすると損をする場合があります。

 

こんなに違うの?東大和市の公示地価と実際の取引

例えば、東大和市内に「上北台(かみきただい)」という地区があります。

上北台駅の西側に広がる住宅地です。

 

ここの公示地価と実際の取引を調べてみたところ、

  • 公示地価:63万円/坪
  • 実際の取引価格:57〜77万円/坪

と、公示地価の約0.9〜1.2倍で取引されていました。

 

どちらも「第一種低層住居専用地域」と呼ばれる、主に戸建てが立ち並ぶ街並みのエリアです。

駅からの距離は多少違いはありますが、これほどの価格差が考えられるでしょうか?

 

【東大和市上北台の公示地価】

東大和市の公示地価

  • 上北台駅から550mの距離、徒歩約7分(1分=80m)
  • 192,000円/㎡ × 3.3(㎡/坪) =63万円/坪

(参考:国土交通省地価公示・都道府県地価調査)

 

【東大和市上北台の土地取引(令和2年)】

東大和市の土地取引

  • 上北台駅から徒歩4〜7分のエリアで、57〜77万円/坪で取引されている
  • この取引情報のアンケート回収率は約2割のため、実際の取引数はこの5倍程度ある

(参考:国土交通省 不動産取引価格情報検索)

 

このように、公示地価と実際の取引では、これほど価格差があるため、公示地価や路線価をそのまま参考にして不動産取引をすると、数百〜数千万円単位で結果が変わってきてしまうのです。

 

では、どうすればいいのか?

オススメは不動産の一括査定サービスです。

 

というのも、その地域に詳しい不動産会社であれば、取引情報も豊富に持っているため、高い評価額をもらうことも可能だからです。

 

こちらの「すまいVALUE(バリュー)」は、取引実績の多い大手6社に無料で査定を依頼することができます。

 

住まいVALUE

 

特に、「三井のリハウス」「住友不動産販売」「東急リバブル」の3社は、ここでしか査定を依頼できないため、大手不動産会社に査定の依頼をしたい場合には、こちらのサービスを活用するといいでしょう。

 

 

すまいバリューで査定するならこちら

 

地域密着企業にも依頼したいなら、イエイ

すまいバリューは大手6社しか参加していないため、地域密着の不動産会社に査定を依頼したい場合には、「イエイ」が、参加している不動産会社が1,700社以上と多いのでオススメです。

 

イエイ

 

こちらのサービスでは、専門スタッフが常駐しており、不動産の取引だけでなく、相続についての相談も無料で行っているため、手続きや評価方法の計算など、様々なことで相談できるのもメリットですね。

無料で使えますので、1度調べてみてはいかがでしょうか?

 

イエイで査定するならこちら

 

 

 

コメント