彦根市の路線価の調べ方|活用方法の注意点 | イエ&ライフ

彦根市の路線価の調べ方|活用方法の注意点

彦根市滋賀県

この記事では、彦根市の

  1. 路線価の調べ方
  2. 路線価の活用方法の注意点

について解説していきます。

 

1、彦根市の路線価の調べ方

路線価は、毎年7月1日に国税庁から発表される土地の評価額のことで、相続税の申告の際に使われます。

基本的には公示地価や基準地価の80%の価格になっているため、まずはザックリ価格を知りたい場合には、こちらを参考にするのが簡単です。

 

彦根市の路線価・公示地価

*地名を検索窓に入力すると絞り込めます。1文字からOK

*公示地価:2021年1月1日現在

 

住居表示最寄駅(m)路線価(万円/坪)公示地価(万円/坪)
彦根市旭町8-24彦根(300)17.922.4
彦根市稲部町字六ノ坪90番5稲枝(200)14.117.6
彦根市開出今町字蔵ノ町2102番南彦根(3300)7.79.6
彦根市宮田町字馬場201番鳥居本(1100)3.34.1
彦根市後三条町字戸出626番2彦根(2400)1518.8
彦根市甲崎町字城屋敷102番外稲枝(3600)3.64.5
彦根市高宮町字門口2406番高宮(700)8.610.8
彦根市高宮町字澤1736番1外南彦根(1400)11.714.6
彦根市高宮町字塚本焼屋22番3スクリーン(1000)6.48
彦根市佐和町9-27彦根(300)18.923.6
彦根市小泉町字中畑482番外南彦根(500)10.513.1
彦根市小泉町字南巴285番5南彦根(150)16.520.6
彦根市小泉町字巴300番32南彦根(200)16.720.9
彦根市松原2-5-5彦根(2300)10.613.3
彦根市清崎町字大方500番14河瀬(750)12.715.9
彦根市西今町字松田1041番14南彦根(2000)13.516.9
彦根市西沼波町字五斗代182番6外彦根(1500)15.519.4
彦根市川瀬馬場町字北486番8河瀬(1000)6.88.5
彦根市大東町2-29彦根(0)30.237.8
彦根市大薮町字大柳2092番南彦根(3000)13.116.4
彦根市中央町2-23彦根(1000)1620
彦根市鳥居本町字森次1872番34外鳥居本(700)8.610.7
彦根市鳥居本町字立町1668番鳥居本(450)67.5
彦根市東沼波町字川原口207番4南彦根(1800)9.411.7
彦根市南川瀬町字林ノ下1392番20河瀬(400)12.916.1
彦根市肥田町字定永956番10稲枝(800)12.115.1
彦根市平田町字月沢734番15南彦根(1500)1316.2
彦根市平田町字五反田1122番南彦根(2500)911.3
彦根市本町3-2-41彦根(1600)13.216.5
彦根市野田山町字北浦1064番55彦根(3500)8.310.4
彦根市楡町字下外輪246番2外河瀬(700)4.86

 

ご覧の通り、公示地価・基準地価は、全国で約5万地点の土地価格を算出しているため、知りたい場所の価格がない場合が大半です。

 

もし、正確な路線価を知りたい場合には、こちらから調べることができます。

地図上の道路に価格が記載されています(単位:千円/㎡)ので、面積をかければ相続税評価額が分かりますし、さらに1.25倍すれば、公示地価に準じた土地価格が分かります。

(「国税庁 令和3年度 彦根市 路線価図評価倍率表」)

 

2、路線価をもとに、土地価格を知りたい人の注意点

公示地価・基準地価が全国約5万地点に対して、路線価は約33万地点の価格が掲載されています。

 

そのため、路線価をもとに実際の価格を算出(路線価に1.25倍すると理論上は出てきます)することは可能ですが、実際の取引で参考にしようとすると損をする場合があります。

 

こんなに違うの?彦根市の公示地価と実際の取引

例えば、彦根市に「外町(とまち)」という地区があります。

 

この外町地区の公示地価(基準地価)と実際の取引価格は、

  • 公示地価:23万円/坪
  • 実際の取引価格:17〜31万円/坪

と、公示地価の約0.7〜1.4倍で取引されていました。

取引価格同士で比べると、1.8倍の価格差があります。

 

【彦根市外町の公示地価】

彦根市外町の公示地価

  • 彦根駅から800mの距離、徒歩約10分(1分=80m)
  • 69,300円/㎡ × 3.3(㎡/坪) =23万円/坪

(参考:国土交通省地価公示・都道府県地価調査)

 

【彦根市外町の土地取引(過去2年間)】

彦根市外町の土地取引

  • 彦根駅から徒歩9〜14分のエリアで、17〜31万円/坪で取引されている
  • 公示地価・実際の取引ともに「準工業地域」で、似たような街並みのエリア

(参考:国土交通省 不動産取引価格情報検索)

 

このように、公示地価と実際の取引では、これほど価格差があるため、公示地価や路線価をそのまま参考にして不動産取引をすると、数百〜数千万円単位で結果が変わってきてしまいます。

 

不動産の相続では、路線価だけではトラブルの元に

そのため、遺産分割の話し合いをする場合には、路線価だけ知っていても、話し合いが進まない場合があります。

というのも、

  • 路線価による評価は、自宅などの建物分の評価が含まれない
  • 路線価に1.25倍すれば公示地価(国が公表した取引額の目安)がわかるが、実際の取引額とは取引額とは大きくズレる場合がある

からです。

 

そのため、実際の価格を調べておかないと、お互いが納得いく話し合いにならない可能性があるのです。

 

 

では、どうすればいいのか?

オススメは不動産の一括査定サービスです。

 

一括査定サービスとは、無料で複数の不動産会社から、不動産の査定をしてもらえるサービスです。

 

複数の不動産会社に査定をしてもらうことで、そのまま相続するつもりなら、平均価格を知ることで、より公平な相続の話し合いをすることができます。

また、相続後に売却を考えているのであれば、より高く売れる会社が分かりますので、その点も便利ですね。

 

こちらのサービス「イエイ」では、専門スタッフが常駐しており、不動産の取引だけでなく、相続についての相談も無料で行っているため、手続きや評価方法の計算など、様々なことで相談できるのもメリットですね。

 

イエイ

 

無料で使えますので、1度調べてみてはいかがでしょうか?

 

イエイで査定するならこちら

 

 

 

コメント