東急リバブルで売却するメリットは何か?実力は? | イエ&ライフ

東急リバブルで売却するメリットは何か?実力は?

東急リバブル不動産会社の選び方

不動産の売却は、一生に何度もない大きなイベントなので、どこに頼めばいいか迷いますよね。

しかも、数千万円単位のお金が動きますし、不動産会社選びは慎重にしたいところですが、何を基準に選べばいいか、迷う人の方が多いのではないでしょうか?

 

この記事では、売買成約件数で全国3位の大手、東急リバブルで不動産を売却するメリットについて解説します。

 

1、東急リバブルの5つの強み

東急リバブルで売却するメリットは、大きく5つあります。

それは、

  1. 成約実績が多い
  2. 売却のチャネルがたくさんある
  3. 万が一の場合に、売却保証がつけられる
  4. 売却後のトラブルにも、保証対応ができる
  5. 97%が有資格者で安心

の5点です。

 

(1)成約実績が多い

東急リバブルのメリット1

 

昨年の不動産の成約実績のランキングを見ると、東急リバブルは25,570件で全国3位の規模を誇ります。

 

順位社名成約件数店舗数
1位三井のリハウス41,533件281
2位住友不動産販売37,643件270
3位東急リバブル25,570件182

 

件数の実績が多いということは、それだけ「成約価格」の情報を持っているということです。

不動産の取引情報は全体の1割程度しか不動産会社間で共有されていないため、残りの9割の情報については、自社の分しか把握できません。

 

不動産会社同士の情報共有サイト「レインズ」では、11%しか取引情報が共有されていない

 

【全国の土地取引件数:132万件】
昨年の土地取引件数これにマンションの件数を加えると、162万件になる。よって、
17.9万件 ÷ 162万件 = 11%

(参考:国土交通省 平成30年版 土地白書)

 

 

そのため、売買実績の多い会社ほど、多くの情報を持っていることになるため、そのエリアの細かい相場や、高く売れるパターンを知っています。

また、東急リバブルは、三井のリハウスや住友不動産販売ほど件数は多くありませんが、東急電鉄のグループ会社なため、特に東急沿線のエリアでは他社に負けない情報力があります。

 

(2)売却のチャネルがたくさんある

東急リバブルのメリット2

 

不動産物件を探す場合には、インターネットで調べる人がほとんどだと思いますが、中小の不動産会社の多くが、SEOと呼ばれる検索エンジン対策を行えていないため、スーモや大手の不動産会社のホームページが上位に来ることが多いです。

ということは、それだけ買い手の目にもつきやすいわけですから、売却できる可能性が高まります。

 

東京だけでも5,000件以上の物件情報が登録されている

東急リバブルの物件情報

 

(3)万が一の場合に、売却保証がつけられる

東急リバブルのメリット3

相続税の支払いや、自宅の買い替えの場合には、「いつまでに売らなければいけない」という締め切りに焦ってしまうこともあります。

その点、東急リバブルでは、もし売却できなかった場合にも、予め約束した金額でリバブルが買い取る売却保証システムがありますので、安心して売却活動を任せることができます。

 

(4)売却後のトラブル時にも、保証をつけられる

東急リバブルのメリット4

 

中古物件を買う側から見ると、天井裏や水回りなどの見えないところでどれだけ痛んでいるのかの判断がつかないため、なかなか決めてくれない場合があります。

かといって、ホームインスペクションと呼ばれる建物診断を利用しようとすると、お金もかかります。

 

ですが、東急リバブルであれば、買い手はもし欠陥があった場合にも、東急リバブルに補修を500万円まで保証してもらえ、しかも検査費用も無料なため、安心して購入に踏み切ることができます。

 

(5)宅建保有率が97%とほとんどが有資格者なので契約も安心

東急リバブルのメリット5

 

不動産の売買では、物件の細かい情報から、相続、税務など幅広い知識が必要とされるケースが多いです。そのような知識を踏まえて、お客さん同士がトラブルにならないように取引を仲介する資格が「宅建士」です。

ところが、小さな不動産会社の場合には、この宅建士の資格を持っている人が、営業員の5人に1人しかいない場合があります。法律で全員が持っている必要がないと決められているためです。

これでは売却を依頼するのが心配になりますよね。

 

その点、東急リバブルでは営業員の97%が宅建士の資格を持っているため、契約の見落としやトラブルに巻き込まれる心配もありません。

 

2、東急リバブルのお店はどこにあるのか?

東急リバブルは、東急電鉄グループの会社なので東急沿線にあるのはもちろんですが、それ以外のエリアでも展開しています。

 

都道府県・大都市別にまとめると

東京神奈川埼玉千葉
大阪京都兵庫札幌
仙台名古屋福岡 

となります。

 

東名阪+地方の大都市にあります。不動産取引の多い大都市に出店しています。もし、あなたの不動産が該当エリアにあるのならば、候補に入れてみる価値はあるでしょう。

 

無料で査定も申し込めます

ですが、いきなり店舗に行って相談するのは、ちょっと気が引けますよね。

そんな場合には、ネットで申し込める無料査定を利用してみてはいかがでしょうか?

 

メールで簡単に査定結果が届くので、「いくらで売れるか?」がわかりますので、いきなり勧誘される心配もありません。

今後金利が上昇してくると、不動産価格は間違いなく下落してきますので、消費税増税前、オリンピック前の今の段階で価格を調べておいて損はないでしょう。

 

東急リバブルで査定するならこちら

 

 

 

コメント