川口市の土地価格|上昇・下落した理由|今後の見通し | イエ&ライフ

川口市の土地価格|上昇・下落した理由|今後の見通し

川口市 埼玉県

この記事では川口市の

  1. 公示地価、基準地価
  2. 土地価格がこれまで上昇・下落した理由
  3. 今後どうなるのか?

の3点について解説しています。

(なお、本ページはプロモーションが含まれています。該当するサービスには、【PR】と表記しております)

 

 

1、川口市の土地価格

(1)公示地価(2024.1.1現在)NEW!

*変化率が空白:2019年のデータがない場合

住所または地番最寄駅(m)坪単価(万円)前年比5年前比
川口市大字小谷場字岡ノ下521番5南浦和(1100)77.28.8%30.0%
川口市大字芝字上谷沼6990番15外南浦和(1500)73.68.8%32.0%
川口市芝4-19-32蕨(850)96.78.1%27.9%
川口市大字西立野字寺ヶ崎400番103戸塚安行(470)628.0%25.3%
川口市戸塚4-20-14東川口(1100)85.17.9%25.2%
川口市戸塚南3-2-5戸塚安行(550)85.57.9%27.0%
川口市大字芝字塚越田中4982番1蕨(1300)72.67.8%22.9%
川口市西川口2-14-3西川口(700)102.37.6%22.5%
川口市西青木3-15-35西川口(1100)107.67.6%23.0%
川口市芝下1-5-23蕨(1700)74.97.6%22.7%
川口市南鳩ヶ谷5-18-6南鳩ヶ谷(430)84.57.6%28.0%
川口市中青木4-14-18川口(2100)89.87.5%22.5%
川口市南前川2-9-17西川口(1800)81.57.4%24.1%
川口市芝1-18-19蕨(1500)82.57.3%22.0%
川口市上青木1-13-29西川口(2000)77.97.3%24.2%
川口市前川4-18-21蕨(2200)77.97.3%22.3%
川口市元郷5-17-6川口元郷(880)83.27.2%25.4%
川口市芝中田2-18-20蕨(1200)997.1%23.0%
川口市上青木西3-10-24西川口(2100)79.57.1%23.6%
川口市戸塚東4-8-17東川口(1400)707.1%23.3%
川口市西青木1-7-21西川口(960)110.67.0%25.5%
川口市戸塚東2-13-20東川口(1100)80.57.0%25.8%
川口市大字小谷場字台1045番9南浦和(830)95.77.0%22.4%
川口市西青木1-19-6西川口(720)123.86.8%22.5%
川口市西川口3-8-24西川口(660)103.66.8%19.4%
川口市坂下町2-2-20鳩ヶ谷(450)88.16.8%18.7%
川口市東川口6-21-11東川口(760)77.96.8%22.9%
川口市大字安行藤八字道下840番70戸塚安行(430)67.76.8%22.0%
川口市東本郷1-7-6県道さいたま草加線(0)57.46.7%26.1%
川口市芝塚原2-18-21蕨(1400)79.26.7%21.8%
川口市戸塚3-29-10東川口(780)90.46.6%20.2%
川口市末広2-14-13川口元郷(950)80.96.5%21.3%
川口市芝中田2-23-16蕨(1400)86.86.5%14.3%
川口市青木4-26-38川口(2200)76.96.4%23.9%
川口市東領家4-13-13都道高速葛飾川口線加賀出入口(580)66.36.3%24.8%
川口市領家5-6-37川口(2900)66.76.3%30.3%
川口市大字新井宿字諏訪山1112番26新井宿(750)50.26.3%10.9%
川口市東領家1-8-26川口元郷(1800)67.36.3%19.3%
川口市北原台3-12-19東川口(1800)57.86.1%12.9%
川口市大字芝字下2386番3蕨(2300)63.76.0%16.3%
川口市西川口3-31-11西川口(430)139.96.0%20.1%
川口市戸塚2-26-9東川口(450)1005.9%15.2%
川口市末広3-18-10川口元郷(1700)71.35.9%18.7%
川口市大字安行吉岡字大原1409番37新井宿(1400)47.55.9%9.9%
川口市前川3-19-15蕨(2900)65.75.9%17.8%
川口市上青木西2-2-14西川口(1600)91.15.7%22.7%
川口市新井町23-4川口元郷(1300)73.35.7%
川口市芝新町4-32蕨(150)184.15.7%15.8%
川口市上青木4-7-7西川口(2900)74.65.6%19.6%
川口市並木4-6-18西川口(750)118.55.6%19.7%
川口市朝日2-18-4南鳩ヶ谷(800)81.85.5%18.7%
川口市西川口1-6-3西川口(100)2035.5%14.1%
川口市上青木6-9-14蕨(3000)63.75.5%15.6%
川口市栄町1-19-23川口元郷(320)140.35.5%29.6%
川口市南鳩ヶ谷7-18-6南鳩ヶ谷(860)66.35.2%17.5%
川口市朝日3-13-9南鳩ヶ谷(800)79.95.2%19.2%
川口市南鳩ヶ谷2-19-22南鳩ヶ谷(980)60.15.2%15.2%
川口市東川口4-2-15東川口(580)88.45.1%16.5%
川口市元郷3-8-8川口元郷(1100)705.0%17.8%
川口市前上町5-13蕨(2500)70.34.9%15.1%
川口市北園町3-16東浦和(1500)65.74.7%15.0%
川口市前川3-50-17蕨(3100)58.44.7%14.9%
川口市仲町11-44川口(1400)110.94.7%21.7%
川口市飯塚3-9-7川口(800)141.24.6%24.8%
川口市芝2-27-9蕨(1200)89.84.6%14.8%
川口市大字伊刈字高木484番2蕨(2500)61.14.5%14.2%
川口市大字辻字永堀857番2鳩ヶ谷(750)53.54.5%12.5%
川口市栄町3-12-2川口(430)458.74.5%16.8%
川口市南町2-8-27川口(1400)107.34.5%19.9%
川口市並木3-5-23西川口(450)155.14.4%
川口市柳崎4-16-22東浦和(900)77.94.4%14.6%
川口市大字道合字壱貫目493番10蕨(4500)46.94.4%10.1%
川口市並木1-7-38西川口(800)125.44.4%29.7%
川口市幸町3-10-2川口(580)215.24.3%16.4%
川口市大字安行領根岸字台1827番7蕨(3700)56.14.3%
川口市赤井1-25-22川口(4900)56.44.3%12.5%
川口市幸町1-3-24川口(800)212.94.2%20.6%
川口市桜町5-5-36新井宿(760)49.84.1%11.0%
川口市本町3-8-12川口(640)176.24.1%
川口市幸町2-3-10川口(600)254.14.1%15.4%
川口市大字榛松字中海老田757番2草加(3200)42.64.0%10.3%
川口市東領家3-23-2川口(3600)59.74.0%11.7%
川口市朝日6-9-18川口元郷(1700)68.64.0%14.3%
川口市江戸3-29-3川口(4200)51.84.0%9.8%
川口市本町4-1-5川口(190)445.53.8%16.4%
川口市大字源左衛門新田字西原300番86東浦和(2300)44.63.8%9.8%
川口市大字安行慈林字堂下1011番6外新井宿(1300)44.63.8%8.9%
川口市北原台2-14-32東川口(1500)71.63.8%15.4%
川口市川口5-11-25川口(1100)126.13.8%20.9%
川口市中青木1-2-15川口(950)145.53.8%20.5%
川口市青木2-3-15川口(1400)127.43.8%26.6%
川口市長蔵3-8-5戸塚安行(1200)63.73.8%12.9%
川口市並木4-12-8西川口(1100)100.73.7%15.1%
川口市柳根町21-3蕨(3200)58.13.5%12.1%
川口市安行出羽5-13-8戸塚安行(1900)49.23.5%8.8%
川口市坂下町3-12-14鳩ヶ谷(650)73.93.2%16.1%
川口市大字安行吉蔵字中道東23番26戸塚安行(2400)42.63.2%8.4%
川口市青木1-3-15川口(1100)151.13.2%19.0%
川口市大字峯字後842番29草加(3000)43.93.1%
川口市川口2-2-17川口(160)225.13.0%13.7%
川口市東本郷2-2-29川口(5400)48.22.8%7.4%
川口市大字東本郷字本郷前567番42見沼代親水公園(1200)50.52.7%6.3%
川口市栄町3-5-1川口(150)7592.7%13.9%
川口市大字東内野字金崎518番2外東浦和(1900)41.32.5%5.9%
川口市大字安行原字半縄下14番6川口(7500)41.62.4%
川口市大字里字北谷1190番758新井宿(1100)44.22.3%7.2%
川口市差間2-13-12東川口(1900)45.92.2%6.1%
川口市大字前野宿字上野72番52川口(6400)39.91.7%4.3%
川口市大字安行北谷字市場595番10獨協大学前(2700)44.2

 

(2)基準地価(2023.7.1現在)

*変化率が空白:比較する年度のデータがない場合

*最寄駅の( )内は、駅からの距離(m)

住所または地番最寄駅坪単価(万円)前年比2018年比
川口市芝2-8-25蕨( 1100)92.77.7%19.6%
川口市上青木1-5-38西川口( 1500)85.87.4%22.6%
川口市飯原町5-13川口( 1400)84.27.1%20.9%
川口市西川口1-18-16西川口( 250)1327.0%14.9%
川口市上青木西3-10-24西川口( 2100)76.96.9%20.7%
川口市戸塚東2-13-20東川口( 1100)77.66.8%21.8%
川口市芝富士1-5-14蕨( 1300)74.96.6%20.1%
川口市坂下町3-12-14鳩ヶ谷( 650)72.66.3%14.6%
川口市青木4-1-32川口( 1600)1016.3%23.9%
川口市西青木1-19-6西川口( 720)118.56.2%18.1%
川口市芝樋ノ爪2-13-5蕨( 900)85.16.2%19.4%
川口市本蓮4-4-14新郷ランプ( 770)57.16.1%23.6%
川口市東川口2-1-3東川口( 70)127.16.1%12.2%
川口市西青木2-8-32西川口( 800)110.66.0%16.7%
川口市並木元町6-16川口( 1000)146.26.0%26.6%
川口市本前川3-33-12蕨( 2800)59.75.8%14.6%
川口市朝日3-13-9南鳩ヶ谷( 800)77.95.8%19.2%
川口市三ツ和2丁目25番6南鳩ヶ谷( 1000)61.15.7%16.4%
川口市上青木2-43-13西川口( 2500)62.75.6%15.2%
川口市飯塚1-9-40川口( 570)142.95.4%27.4%
川口市朝日5-6-21南鳩ヶ谷( 1400)655.3%15.2%
川口市末広1-18-3川口元郷( 600)86.85.2%19.5%
川口市大字小谷場字岡ノ下750番6南浦和( 1000)81.85.1%18.1%
川口市川口6-7-11川口( 940)131.35.0%22.5%
川口市並木3-1-20西川口( 100)2305.0%13.0%
川口市元郷6-7-1川口元郷( 1400)70.34.9%16.4%
川口市本蓮2-21-12見沼代親水公園( 1000)57.84.8%11.5%
川口市柳崎2-24-18東浦和( 1700)58.74.7%13.4%
川口市上青木西1-7-19西川口( 1500)80.94.7%17.8%
川口市栄町3-12-2川口( 430)452.14.6%18.1%
川口市領家2-11-6川口元郷( 1500)684.6%15.7%
川口市大字安行慈林字上村中788番33新井宿( 870)53.14.5%6.6%
川口市大字石神字叺原194番10東川口( 2900)40.64.2%5.1%
川口市芝高木2-8-4蕨( 2100)654.2%13.9%
川口市大字東内野字十二石56番6東川口( 2700)41.94.1%5.0%
川口市本町4-10-8川口( 640)171.94.0%15.5%
川口市東川口3-9-9東川口( 600)87.53.9%16.7%
川口市上青木西4-19-6蕨( 2300)73.63.7%15.5%
川口市南鳩ヶ谷3-16-8南鳩ヶ谷( 370)74.63.7%17.7%
川口市戸塚境町6-17戸塚安行( 850)69.33.4%
川口市戸塚5-13-10戸塚安行( 900)72.93.3%15.1%
川口市川口4-5-3川口( 510)177.93.3%14.0%
川口市鳩ヶ谷本町2-5-8鳩ヶ谷( 960)63.73.2%10.3%
川口市大字安行原字折越1271番65川口( 7900)43.63.1%5.6%
川口市東本郷2-2-29川口( 5400)47.52.9%5.9%
川口市大字峯字後1502番3川口( 6900)39.62.6%3.4%
川口市大字安行吉岡字天沼1324番8新井宿( 2000)40.62.5%3.4%

 

2、川口市の土地価格の動き

どうも、当サイト「イエアンドライフ」の運営者のゴトウです。

ここからは、「川口市の土地価格が大きく上昇してきた理由」をなるべくわかりやすく、読みやすく、解説していきますので、よろしくお付き合いください。

 

川口市の土地価格は、この1年間で、住宅地で+4.9%、商業地で+3.8%と、大きく上昇しました。

また、2018→2023年の5年間で見ると、住宅地で+13.4%。商業地で+14.3%でした。

 

川口市の公示地価

(出典:国土交通省 地価公示)

 

では、具体的にどのあたりが上がっているのか?

まずは地図上で、上昇しているエリアを確認してみましょう。

 

5年間の変化率(2018→2023年)

変化率:赤紫(+50%以上)>ピンク色(+30〜49.9%)>オレンジ色(+10〜29.9%)>緑色(0〜+9.9%)>青色(-0.1〜 -9.9%)>茶色(-10%以下)

 

京浜東北線、武蔵野線沿線ほど大きく上昇(オレンジ色のマーク)しており、逆に駅から離れたエリアでは、あまり上昇していない(緑色のマーク)ところが目立ちますね。

 

なぜ、鉄道沿線ほど、大きく上昇しているのか?

まず、そもそも川口市の不動産価格が上昇してきた最も大きな理由は、金利の低下・変動金利の利用の増加が大きいです。

 

アベノミクスによる異次元緩和政策が始まった2013年以降、住宅ローン金利が下がったことで、同じ返済額でも、多くの借り入れができるようになったのです。

 

住宅ローン金利の推移 2023年11月

(参考:財務省ARUHISBI新生銀行

 

具体的にどれぐらいかというと、月10万円、期間35年で計算した場合に、フラット35は、約3,478万円借りることができました。

2012年末から比較すると、約500万円多く借りられるようになった計算です。

 

月10万円の返済で、いくらの物件が買えるのか?

月10万円の返済での、借入可能額

*変動金利①:住信SBIネット新生銀行、変動金利②:SBI新生銀行

(参考:ARUHISBI新生銀行

 

ですが、固定金利は2020年ごろをピークに、少しずつ金利が上がり始めています。

反対に、変動金利は下がっており、ネット銀行で借りた場合には、月々10万円の返済で、約4,000万円借りられるようになっているのです。

フラット35と比べると、その差は約1,000万円にもなります。

 

このような結果、変動金利を利用する人が増えています。2013年ごろは4割前後だったのが、現在は7割以上に増加しているのです。

 

変動金利の利用率 2012年〜23年

(参考:住宅金融支援機構 「住宅ローン利用者の実態調査」)

 

そのため、値上げがあっても、十分に応じられる人が多く、土地価格が上がりやすくなっていたわけです。

 

市外からの移住が増えている

さらに、川口市では、市外からの移住が増えています。

実際、川口市の転入超過数(市外から引っ越してきた人 ー 出て行った人)を年代別に見てみると、若い世代と外国人が市外から移住していました。

 

川口市の年代別の転入超過数

(参考:総務省 住民基本台帳人口移動報告)

 

都内に勤務しているものの、家賃が高すぎて移住してくる若い社会人が多いのでしょう。そのため、都内に近い南側のエリアほど、価格が上昇傾向にあります。

また、川口市は外国人のコミュニティが多くあり、それらの人を頼って海外から移住してくるケースも多いようです。

 

農地の宅地化で、郊外の住宅地は上がりにくい

その一方で、京浜東北線や埼京線沿いから離れたエリアでは、あまり上昇していません。これらのエリアには、多くの農地が残っており、それらの農地が宅地化されることで、古い住宅地が売れにくくなったりします。

 

川口市では、この10年間で、約112ヘクタールの農地が減りました。30坪の戸建てにして、約1.1万戸分になります。

これらの農地が、新しい住宅地や工場、商業施設などに変わっているのです。

 

川口市の農地面積

(参考:農水省 作物統計調査)

 

これほどの農地が宅地などに変われば、わざわざ古い住宅地を購入する人は減りますから、価格も上がりにくいわけですね。

 

3、これからどうなるのか?

ここからは、川口市の土地価格に影響を与えそうなポイントをいくつかご紹介します。

 

(1)金利はこれからも上がるのか?

2022年に入ってから、金利の上昇が始まっています。

固定金利の住宅ローンである、フラット35(期間21〜35年)の金利も上昇傾向にあり、23年4月分は1.76%となっています。

この水準は、6年ぶりの高水準になります。

 

2022年から金利が本格的に上昇中

20年国債とふらっと35の金利

(参考:財務省ARUHI

 

もっとも大きな理由は、日本でも物価が上昇しているためでしょう。

新型コロナ以降、ロシアのウクライナ侵攻などの影響もあって、原油や穀物など、あらゆるものの値段が上がっているため、欧米各国を中心に、金利を引き上げています。

例えば、アメリカでは、政策金利(FF金利)をこの1年間で、なんと5%近くも引き上げているのです。

 

そのため、日本でも、同様のことが起こると考える投資家が増えており、金利の上昇が起こっているわけです。

 

金利が1%上がると、支払いは15〜20%増える

なお、1%金利が上がれば、35年の住宅ローンで15〜20%も返済額が増えます。

多くの人は、今の景気で給料が上がっていませんので、買うのを諦めるか、不動産価格の安いところに引っ越して、家を購入する動きとなるでしょう。

 

金利上昇で下落

 

そのため、「低金利で不動産価格が高いうちに売りたい」という人は、早めに準備を始めた方がいいでしょう。

 

逆に、これから購入を検討している人は、物件選びも重要ですが、変動金利でローンを組むのは危ないです。気をつけた方がいいでしょう。

 

(2)これから川口市の人口はどうなるの?

国立社会保障・人口問題研究所が、2023年に発表した川口市の人口の見通しによると、2025→35年の10年間で約2.4万人増加するそうです。

外国人の移住も活発なため、人口は今後も増えていきそうですね。

 

川口市はこれから10年で約2.4万人増加

川口市の人口

 

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 令和5年人口推計)

 

また、少子高齢化が進んでいることもあって、現在約24%の高齢化率(65歳以上)は、これから10年で約26%にまで上がります。

全国平均よりも4%以上も低いですが、それでも上昇することは避けられません。

 

川口市の高齢化率は、10年後には約26%にまで上がる

川口市の年代別の人口予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 令和5年人口推計)

 

そして、川口市のいわゆる「未利用」の空き家の割合は、2018年時点で約9,000戸あり、3.2%(33軒に1軒)になっています。

高齢化がさらに進むということは、空き家もさらに増えると考えられます。

 

川口市の空き家

(参考:国土交通省 住宅・土地統計調査)

 

人口はこれからも増えるものの、家を購入する中心年代である、30〜40代はこれから10年で約1,000人減り、高齢化がさらに進みます。

また、これまで人口が増加傾向にありましたが、それでも空き家の数は増えてきました。農地の宅地化はこれからも進みますから、農地の多く残っている郊外では、買い手がつきにくくなるでしょう。

 

(3)マンション価格はもう限界?

東京都内のマンション価格があまりに上がりすぎたことで、川口市に移住してきた子育て世帯も多いわけですが、築10年以内の中古マンションは、すでに平均価格が5,000万円を超えています。

 

2023年に販売された「プラウドタワー川口クロス」は、70㎡あたり約7,000万円でした。

変動金利でも、月々18万円程度の返済額になりますから、共働きでないとかなり厳しい価格になってきています。

 

川口市の中古マンション価格

(参考:国土交通省 土地総合情報システム)

 

ここまで価格が上がると、一般世帯で買うには、共働きで、変動金利を利用するしかありません。

株価の上昇によって、資産家や投資家がさらに高値でも買う可能性もありますが、一般世帯には、今ぐらいが限界なのではないでしょうか。

 

駅周辺の土地価格の上昇は、マンション価格の上昇による影響が大きいですので、今後マンション価格が上がりにくくなれば、土地価格の上昇も治ってくる可能性があります。

 

結論

以上のことから、川口市の土地価格は、

  • 低金利と人口増加を追い風に、京浜東北線、埼京線沿いを中心に、マンション価格・土地価格の上昇が進んできた
  • マンション価格はかなり高い水準に来ており、今後の変動金利の上昇によって、価格下落の可能性あり
  • また、農地の宅地化は今後も進むため、郊外の土地価格は上がりにくくなりそう

と言えるでしょう。

 

買うなら:建築コストがさらに上がるので、物件選びは慎重に

川口市で家を建てようと検討している人にとって、注意すべきは、今後の金利上昇リスクと建築費の上昇です。

今後も、不動産の購入コストは上がっていくため、物件選びは慎重に行う必要がありそうです。

 

非公開物件=安い物件

不動産を売る理由はさまざまですが、「周りに知られずに売却したい」という売主は一定の割合でいます。

そのような物件は、ネット上にも出回らず「非公開物件」として、特定の不動産会社が取り扱っている場合があります。

 

非公開物件の理由

 

当然、このような物件は少ないお客さんにしか目にとまる機会がないため、相場よりも価格の安い可能性が高いです。

 

【PR】タウンライフ

こちらの「タウンライフ」に登録すると、全国250社以上の不動産会社が、非公開物件や、値下げ情報を教えてくれます。

 

タウンライフ不動産売買

 

無料ですので、一度利用してみてはいかがでしょうか?

 

タウンライフの詳細はこちら

 

売るなら:一部のエリアを除いて、下落は進む

川口市の不動産は、ここまで上昇を続けてきましたが、その背景にあったのは、人口増加と、変動金利の利用者の増加です。

ですが、今後は金利の上昇が予想されますので、今の水準で買える人は確実に減ります。

 

さらに、建築費の上昇も続くため、高く売りたい場合は、早めに動いた方がいいでしょう。

 

戸建ての売却は、不動産会社によって結果が変わる

土地の売却であれば、公示地価や基準地価が、一応の目安にはなります。

ですが、家を売るとなると、選ぶ不動産会社によって、結果が大きく変わってきます。

 

例えば、以前であれば、雨漏りやシロアリなどの被害があったとしても、きちんと調査しないまま、売買されることが普通でした。

その結果、「築20年だったら、建物の価値はほぼゼロ(だって税法上の耐用年数が22年だから)」みたいな評価が一般化していたのです。これでは、なかなか高く売れませんよね。

 

ですが、2018年に法律が改正されて、中古住宅の売買時には、

  1. ホームインスペクション(住宅の状態を診断すること)をするかどうかを選べること
  2. そして、行った場合には必ず説明をすること

の2点が義務付けられました。

 

ホームインスペクション

(参考:国土交通省 建物状況調査をしませんか?)

 

これによって、中古住宅の評価の仕方が大きく変わってきています。

雨漏れもシロアリもない物件であれば、たとえ築年数が古くても、建物の価値をきちんと評価されるようになってきているのです。

 

ですが、このような評価は、不動産会社によって変わってきます。マンションの取引が大半の会社もありますし、法律改正後に十分な取引経験がない会社もあるでしょう。

では、どうすれば、家を良い評価で売却できるのか?

 

おすすめは、不動産の一括査定です。

複数の不動産会社に査定を依頼することで、どれぐらいで売れるのか?を知ることができますし、得意な会社も探せます。利用は無料です。

 

査定サービスはいくつもありますが、参加企業がどこかで、大きく2つに分かれます。ここでは、代表的な2つのサービスをご紹介します。

 

【PR】すまいValue(大手に依頼したいなら)

こちらの「すまいValue(バリュー)」は、国内の取引実績の多い大手6社に、無料で査定を依頼することができます。

 

すまいバリュー 202312

 

三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブル、野村の仲介の4社は、こちらのサービスにだけ参加しています。

そのため、大手不動産会社に依頼したい場合には、こちらのサービスを活用するといいでしょう。

 

すまいValueで査定するならこちら

 

 

【PR】イエウール(地元企業も参加)

特に「イエウール」は、参加している不動産会社が1,700社以上と多く、なおかつ大手不動産会社が1番多く参加しているのでオススメです。

 

一括査定の比較_大手の参加状況

 

無料で使えますので、1度調べてみてはいかがでしょうか?

 

あなたの不動産の評価額を調べるならこちら

 

 

 

コメント