媒介契約の選び方|メリットとデメリットを解説 | イエ&ライフ

媒介契約の選び方|メリットとデメリットを解説

ビジネスマン不動産売却

 

媒介契約とは、不動産会社に販売活動を依頼する契約のことです。

  1. 専属専任媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 一般媒介契約

の3種類があります。

 

なので、どの媒介契約を選べばいいか迷う人もいますが、

  • 1社だけと契約するか
  • 2社以上と契約するか

のどちらを選ぶかが1番重要なポイントです。

 

 契約社数
専属専任媒介契約1社だけ
専任媒介契約
一般媒介契約2社以上でもOK

 

 

なぜ、契約する社数が重要なのか?

その理由は、不動産会社のやる気に影響を与えるからです。

 

「2社以上との契約」の場合には、買い手を探してこれなければ、タダ働きになってしまいます。

 

それに対して、「1社との契約」の場合には、買い手を他の会社が探してきたとしても、売り手であるあなたからの手数料は、契約した不動産会社に入ります。

 

【不動産会社がもらえる手数料】

 自分で買い手を探した場合探せなかった場合
1社だけとの契約売り手+買い手売り手
2社以上との契約売り手+買い手タダ働き

 

 

つまり、「1社だけの契約」の方が、不動産会社から見ると嬉しいのです。

契約する側から見れば、他の会社とのやりとりがないので、全部おまかせできるのがメリットですね。

 

1社だけとの契約は、全部おまかせ

1社だけとの契約

 

その一方で、「2社以上との契約」では、何社もやりとりが必要になりますが、早い者勝ち勝負になるので、早く売れるというメリットがあります。

 

2社以上との契約は、早い者勝ち勝負

一般媒介契約

 

 

近年は、2社以上との契約が増えている

 

このように、どちらにもメリット・デメリットのある媒介契約ですが、この20年ぐらいの動きを見ると、2社以上との契約(一般媒介契約)の方が増えています。

 

一般媒介契約を選ぶ人は、20年で4割まで増加

媒介契約のシェア

(参考:公益財産法人 不動産流通推進センター)

 

その理由は2つあります。

  1. 一括査定サービスで簡単に高く売れる会社が探せるようになった
  2. 悪徳業者の手口がわかってきた

の2点です。

 

1、一括査定サービスで簡単に高く売れる会社が探せるようになった

 

一括査定とは、複数の不動産会社から無料で査定書がもらえるサービスのことです。

地域や物件によって、不動産会社にも得意・不得意がありますから、複数の不動産会社の査定をもらうことで、高く売れる会社が簡単に探せるようになったのです。

 

不動産の一括査定の仕組み

 

一括査定サービスは、2001年ごろから始まったサービスですが、一般媒介契約もそのタイミングで増え始めてきました。

 

複数の不動産会社の査定を見た利用者が、「高く売れそうだとわかったし、いっそのこと競争してもらった方が、早く売れるのでは?」と何社も契約するようになったのが、その理由です。

 

一括査定が始まってから、一般媒介契約も増加し始めた

一般媒介契約の比率の推移

(参考:公益財産法人 不動産流通推進センター)

 

先ほど説明した通り、不動産会社から見れば「1社だけの契約」の方が嬉しいわけです。

ですから、不動産会社に行けば、必ず

 

まさお
不動産会社

専属専任、または専任媒介契約でお願いします。

こちらも頑張りますから!!!

 

と提案してきますから、そこで「いいえ、一般媒介契約でお願いしたいです。」とは言いにくいんですよね。

 

その点、一括査定を使えば、

 

まさお
不動産会社

他の不動産会社からも査定をもらっているだろうし、「ウチだけとお願いします」と言う理由がないよなぁ。

 

 

と不動産会社の方も思うので、「一般媒介契約でお願いします」と依頼しやすくなったんですね。

 

 

2、悪徳業者の手口がわかってきた

2つ目の理由は、悪徳業者の手口がわかってきたからです。

 

以前に週刊ダイヤモンドで、「”囲い込み”という手口で、売り主がひどい目にあってる」という特集が組まれ、大きな反響がありました。

 

 「囲い込み」とは?

「囲い込み」とは、他の会社から問い合わせに「商談中です」などと嘘をついて、自社で取引を独占しようとする手口です。

囲い込みの仕組み

 

具体的には、このような被害にあいます。

  • 本当なら高い価格で売れたはずなのに、業者の都合で、チャンスが台無しになる
  • 業者が自分で買い手を探したがるために、売却までに時間がかかる
  • わざと「この価格では内覧に来る人もいない」と売り主に印象づけようとするため、不安な日々を過ごすハメになる
  • 業者の腕が悪ければ、値下げして売るハメになる

 

実は、このような手口にあうのは、売り手との契約を独占している「1社だけとの契約」の場合だけなんですね。

 

そのため、「2社以上との契約をした方が安心だ」と思う人が増えているのです。

 

 

一括査定を選ぶなら、どこがいい?

 

ただ、複数の不動産会社に査定をもらえると言っても、いきなり何社も家に来られるのは疲れますよね。

 

そのため、一括査定では、机上査定と呼ばれる簡易査定が利用できます。

それぞれの会社が、過去の取引実績をもとに査定をしてくれるのです。

 

メールや郵送で査定書を送ってくれるので、そこから2、3社に絞り込む場合にも便利な方法です。

 

机上査定を選べば、メールや郵送で査定が届く

 

ここからは、机上査定が使えて、利用者数の多い人気の3社のサービスをご紹介します。

 

HOME’S(ホームズ)

ホームズ

 

参加社数:1,704社

利用者数:470万人

机上査定:可能

 

大手不動産サイトの「ホームズ」が運営しているサービスです。

ベッキーとくっきーがCMでやってるので、知っている方も多いのではないでしょうか?

 

こちらのサービスは、大企業なだけあって、参加している会社の数も1番多く地方や郊外の物件でも査定ができるのが強みです。

 

 

HOME’Sはこちら

 

 

イエウール

イエウール_ライン

 

参加社数:1,600社

利用者数:450万人

机上査定:可能

 

イエウールの特徴は、大手企業の参加数が1番多い点です。複数の査定の中に大手も入れたい場合には、このサービスを使うといいでしょう。

 

大手15社中9社が参加しているのは、イエウールだけ

一括査定の比較_大手の参加状況

 

 

イエウールはこちら

 

 

イエイ

イエイ

 

参加社数:1,000社

利用者数:400万人

机上査定:可能

 

イエイの特徴は、「お断り代行」「メール相談」といったフォロー体制が充実している点です。

 

代わりに断ってくれる安心感が欲しい人は、このサービスがオススメですね。

 

 

イエイはこちら

 

 

【東京23区限定】HowMa

HowMa

 

こちらの「HowMa(ハウマ)」は、23区内限定のサービスですが、ネット上で一般媒介契約ができるサービスです。

一括査定の普及によって、一般媒介契約が増えているとはいえ、何社にも自宅に来てもらって査定をしてもらい、各社と書面で契約書を交わさなければいけませんから、手間がかかるのがデメリットでした。

 

ですが、こちらのハウマを使えば、ネット上で完結するので不動産会社とのやりとりすら不要なのです。

ハウマの担当者が自宅を見て、その内容を各社と共有することで査定・売却へとスムーズに手続きを進めることができるんですね。

 

また、上でご紹介した一括査定では、

  • 訪問査定:不動産会社が実際に訪問してきて、詳しく査定
  • 机上査定:住宅地図などから立地を確認し、過去の取引データをもとに概算で査定

の2種類から選ぶことになります。

 

だいたいの相場を知るには便利ですが、より詳しい価格を知りたいとなると、1社1社に訪問される面倒がありました。

その点、こちらのハウマでは、ハウマの担当者が1回訪問するだけなので、煩わしさもなく、かつ正確な価格を知ることができます。

この点がメリットと言えるでしょう。

 

 

HowMaの詳細はこちら

 

 

ただし、一般媒介契約のためのサービスですから、「高く売りたい」という場合には、通常の一括査定を使って比較することをオススメします。

 

3社の比較表はこちら

↓↓↓

サービス名参加社数利用者数リンク
HOME'S
homes_テーブル用
1,704470万人HOME'Sはこちら
イエウール
イエウール_テーブル用
1,600450万人イエウールはこちら
イエイ
イエイ_テーブル用
1,000400万人イエイはこちら

 

 

 

コメント