諫早市の土地価格|上昇・下落した理由|今後の見通し

諫早市 長崎県

(画像出典:wikimedia commons そらみみ 諫早駅前の様子)

 

この記事では諫早市の

  1. 公示地価、基準地価
  2. 土地価格がこれまで上昇・下落した理由
  3. 今後どうなるのか?

の3点について解説しています。

(なお、本ページはプロモーションが含まれています。該当するサービスには、【PR】と表記しております)

 

 

1、諫早市の公示地価、基準地価

(1)公示地価(2023.1.1現在)

*変化率が空白:比較する年度のデータがない場合

*最寄駅の( )内は、駅からの距離(m)

住所または地番最寄駅坪単価(万円)前年比2018年比
諫早市小船越町770番1西諫早(1000)13.31.8%3.6%
諫早市原口町1057番2諫早(1700)18.51.6%4.5%
諫早市厚生町1-14諫早(2600)17.91.5%4.0%
諫早市金谷町13-35諫早(1100)17.91.5%4.0%
諫早市西郷町160番7諫早(3000)15.71.5%3.5%
諫早市馬渡町7番21西諫早(350)18.21.5%4.0%
諫早市栄田町61-7諫早(2000)11.71.4%2.0%
諫早市多良見町木床字大四郎渕1689番喜々津(600)11.81.4%2.9%
諫早市多良見町中里字橋本58番13市布(1100)9.81.4%2.1%
諫早市若葉町225番31西諫早(2500)10.41.3%2.6%
諫早市津久葉町1883番43西諫早(2300)5.21.3%1.9%
諫早市栄田町1025番諫早(1200)2.71.3%
諫早市天満町19-11諫早(600)22.61.2%3.0%
諫早市幸町26-12諫早(2900)21.41.1%2.0%
諫早市東本町5-14諌早(1900)21.81.1%
諫早市栄田町22-46諫早(1500)16.50.8%1.0%
諫早市小豆崎町703番4東諫早(600)9.10.7%0.7%
諫早市栄町1-10諫早(2000)24.30.7%1.4%
諫早市日の出町7-21諫早(1700)11.30.6%0.6%
諫早市真崎町194番1西諫早(2100)7.30.5%0.5%
諫早市小野町165番1外干拓の里(460)17.90.4%0.4%
諫早市川内町595番9外小野(1200)5.7-0.6%-2.8%
諫早市本明町266番1諫早(2800)5.4-0.6%-3.0%

 

(2)基準地価(2023.7.1現在)

*変化率が空白:比較する年度のデータがない場合

*最寄駅の( )内は、駅からの距離(m)

住所または地番最寄駅坪単価(万円)前年比2018年比
諫早市原口町1057番2諫早( 1700)18.82.9%6.1%
諫早市中尾町4番25諫早( 1400)16.12.5%5.2%
諫早市永昌東町9-23諫早( 180)24.42.5%3.8%
諫早市原口町564番5上野町停( 170)172.4%5.3%
諫早市貝津町737番3横島停( 180)11.42.4%4.5%
諫早市小船越町770番1西諫早( 1000)13.52.3%4.9%
諫早市永昌町12-2諫早( 1)21.52.2%4.2%
諫早市永昌町21-50諫早( 700)14.62.1%4.5%
諫早市福田町16-10東諫早( 650)15.61.9%4.2%
諫早市貝津町1659番1貝津団地入口停( 1)22.61.9%3.2%
諫早市小川町70番1小栗停( 150)22.71.9%3.5%
諫早市多良見町シーサイド字中大島20番278喜々津( 1400)141.9%3.9%
諫早市貝津町1830番25貝津団地前停( 200)8.71.5%2.3%
諫早市多良見町囲字田原445番喜々津( 850)19.91.5%2.6%
諫早市多良見町化屋字上野1393番44喜々津( 1200)9.31.4%1.8%
諫早市鷲崎町818番1わし崎停( 200)2.41.4%-0.7%
諫早市川床町441番3幸( 1100)10.71.3%1.6%
諫早市多良見町市布字下梶木2320番186市布( 800)11.41.2%2.7%
諫早市小船越町1006番1競技場北口停( 180)19.61.0%2.2%
諫早市八天町6-19竹の下停( 100)20.81.0%1.8%
諫早市多良見町化屋字化屋ノ上476番1喜々津( 130)150.9%0.7%
諫早市森山町本村字元土井872番外釜ノ鼻( 370)9.9-0.3%-6.9%
諫早市小野町1100番9小野( 900)8-0.4%-2.0%
諫早市有喜町250番3郵便局前停( 120)7.3-0.5%-2.2%
諫早市飯盛町佐田字古陣805番7飯盛団地入口停( 400)6.6-0.5%-4.3%
諫早市森山町唐比東字本村549番唐比停( 300)2.5-0.6%-7.3%
諫早市多良見町舟津字松手1126番3外大草( 1400)4.6-0.7%
諫早市森山町下井牟田字二反田1144番7森山( 1400)4.1-0.8%-5.3%
諫早市高来町溝口字馬渡40番5湯江( 1000)3.8-0.9%-5.7%
諫早市高来町峰字下田井原59番1外小江( 300)3.7-0.9%-5.8%
諫早市森山町田尻字鋤崎1943番1諫早東高校( 1100)3.5-0.9%-6.1%
諫早市多良見町西川内字日當1857番西川内停( 90)3.5-0.9%-7.9%
諫早市白浜町4202番2内白浜停( 1)6.3-1.0%-5.0%
諫早市飯盛町後田字東舟津2960番江の浦停( 600)5.5-1.2%-7.3%
諫早市高来町里字上里254番7湯江( 530)8.1-2.0%-10.3%
諫早市飯盛町開字馬場頭1932番2三本松停( 60)7.4-2.2%-10.4%
諫早市小長井町小川原浦字出口808番8内小長井( 1)3.9-2.5%-17.0%
諫早市小長井町井崎字船津715番1井崎停( 600)2.3-2.5%-12.2%
諫早市小長井町小川原浦字鬼塚1147番1外小長井( 850)2.2-2.5%-12.8%
諫早市小長井町遠竹字釜493番1阿弥陀崎停( 430)1.6-2.5%-14.3%
諫早市栄田町34-27諫早( 850)14.2
諫早市八坂町6-10諫早局前停( 90)23.8

 

 

 

 

2、諫早市の土地価格の動き

諫早市の土地価格は、この1年間で、住宅地は+1.0%、商業地も+0.9%でした。

また、2018→2023年の5年間で見ると、住宅地で+1.9%。商業地は+1.6%と、2〜3年前ぐらいから、じわじわと上昇してきていますね。

 

諫早市の公示地価

(参考:国土交通省 地価公示)

 

では、具体的にどのあたりが下がっているのか?上がっているのか?

まずは地図上で、上昇しているエリアを確認してみましょう。

 

5年間の変化率(2018→2023年)

変化率:赤色(+10%以上)>オレンジ色(+5〜9.9%)>緑色(0〜 +4.9%)>青色(-0.1〜 -4.9%)>紺色(-5〜 -9.9%)>紫色(-10%以下)

 

東諫早駅から市布駅ぐらいまで、かなり広範囲まで上昇エリアが広がっていますね。

ですが、山間地では下落していました。

 

なぜ諫早市では、これほど広範囲で上昇しているのか?

諫早市はこの5年で、人口は約4,000人減り、特に買い手となる30〜40代は、約3,000人も減っているので、土地価格は下がりやすい状況にあります。

 

諫早市の年代別の人口

(参考:総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

ところが、ここ2〜3年で、かなりの広範囲で土地価格の上昇が見られます。何が起こっているのでしょうか?

主な理由は3つあります。

 

①建築費が上昇して、土地価格が連れ高した

1つ目が、建築費の上昇です。

新型コロナ以降、輸入木材の上昇(ウッドショック)や、円安によって、建築資材が全体的に上昇しており、それが新築の住宅価格にも広がっているのです。

 

マンションの建築費

マンションの建築費

(参考:一般財団法人 建築物価調査会)

 

木造戸建ての建築費

木造の建築費

(参考:一般財団法人 建築物価調査会)

 

なぜ、建築費が上がると、土地価格も上がるのか?

その理由は、新築価格が上がることで、周りの売り手が「値上げしても売れる」と思って値上げしてしまうからです。

 

新築価格上昇→土地価格上昇の流れ

値上げのメカニズム

 

その結果、広範囲で土地価格の上昇が見られているわけですね。

 

②中心市街地で、人口が増えている

もちろん、値上げをしても、買い手がつかなければ、土地価格は上がりません。

ちょっと時期はズレますが、地区別に人口変化を見てみると、中心部から少し離れたところでは、人口が増加している地区がいくつも見られました。

 

諫早市の地区別の人口変化(2013.12〜2020.12)

増減:赤色(1,000人以上増加)>オレンジ色(500〜999人増加)>緑色(100〜499人増加)>青色の↙️(100〜499人減少)>紫色の↙️(500人以上の減少)

(参考:諫早市 「諫早市推計人口」)

 

イオンタウンのある大さこ町や真崎町、アクロスプラザのある貝津ヶ丘のあたりで、500人以上の増加をしていました。

本諫早駅や諫早駅の周辺でも、新築の住宅地が作られており、かなり広範囲で住宅の需要があるようです。

 

③子育て世帯の移住が増えている

また、諫早市では、子育て世帯の移住が増えています。

諫早市の転入超過数(引っ越してきた人 ー 出て行った人)を年代別に見てみると、進学や就職で若い世代(グラフの青い部分)が出て行っているのに対して、子育て世帯(グラフの肌色、赤紫色の部分)の移住が増加していました。

 

諫早市の年代別の転入超過数

(総務省 「住民基本台帳人口移動報告」)

 

子育て世帯が移住してきているということは、持ち家の需要が増えているということです。諫早市には、県内2番目の乗降客数の諫早駅があり、長崎市方面への通勤にも利用されます。

 

そのため、駅周辺の住宅需要は安定してあるため、最近の建築費の上昇に対しても、買い手がきちんとつくので、土地価格も連れ高しやすいんですね。

 

3、これからどうなるのか?

ここからは、諫早市の土地価格に影響を与えそうなポイントをいくつかご紹介します。

 

(1)いよいよ金利上昇が本格化しそう

低金利によって、住宅ローンが組みやすい状況が続いていますが、2024年以降は、この環境がいよいよ変わってきそうです。

すでにフラット35などの長期固定の住宅ローンは金利が上がってきていますが、変動金利もそろそろ上昇に転じてきそうなのです。

 

住宅ローン金利の推移 2023年11月

(参考:ARUHI、住信SBIネット銀行、SBI新生銀行)

 

なぜ金利が上がってきているのか?、というと、物価が上がってきているからです。

戦争によって、海外から安い商品が入りにくくなり、円安が進んだことで、さらに物価が上昇しているのです。

 

日本の消費者物価指数と政策金利

(参考:財務省総務省統計局

 

この物価上昇をおさえるためには、消費を減らさないといけません。

そのため、日銀は、まず10年国債などの金利を引き上げました。これによって、フラット35などの固定金利のローンが影響を受けています。

ですが、物価上昇は止まらず、前年比で3%前後の上昇を続けています。

 

そのため、現在マイナス0.1%のままである政策金利も引き上げると見られています。

昨年12月に日銀で行われた会議では、マイナス金利の解除について話し合われています。

 

複数の委員は、マイナス金利の解除やイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)政策の枠組みを解除後も「当面は大幅な金融緩和を継続していく可能性が高い」と言及。

(参考:ブルームバーグ「正常化見据え議論開始、マイナス金利後も緩和継続-12月日銀会合」)

 

上の記事の中で、「マイナス金利政策の解除」という言葉が出ていますが、これによって、変動金利の住宅ローンも上がることになります。

 

高額マンションをギリギリの住宅ローンで買っている人がやばい

変動金利の上昇によって、影響を受けそうなのが、ここのところ大きく上昇している大都市圏の駅近マンションです。

というのも、新築・中古マンションの購入者の7〜8割が、変動金利を利用しているからです。

 

新築・中古マンションの変動金利利用率

(参考:住宅金融支援機構 「住宅ローン利用者の実態調査」)

 

今までは、ネット銀行で申し込めば、0.3%台という、かなり安い条件で住宅ローンを組めてきたわけですが、今後はこの条件が厳しくなってきます。

異次元緩和政策が始まる前の2012年ごろまでは、変動金利も1%前後でした。そのため、今後数年かけて、1%前後の水準にまで引き上げていくと予想されます。

 

1%金利が上がると、不動産価格は15〜20%下がる可能性

ちなみに、金利が1%上がると、住宅ローンの利息は、35年で15〜20%増えます。

例えば、月に約10万円の返済を考えている人であれば、現在なら3,500万円の物件が買えますが、金利が1%上がると、毎月10万円の支払いで、3,000万円の物件しか買えません。

 

金利上昇で下落

 

政策金利は少しずつ引き上げていくと思われますので、すぐに大きく下落するわけではありません。

ですが、購入を検討されている方は、変動金利でギリギリのローンを組むのは危ないので気をつけてください。

 

 

(2)これから諫早市の人口はどうなるの?

国立社会保障・人口問題研究所が、2023年に発表した諫早市の人口の見通しによると、2025→35年の10年間で約1.3万人減少するそうです。

 

諫早市は、これから10年で約1.3万人減る

諫早市の人口予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 平成30年度人口推計)

 

さらに、家を建てる30〜40代人口も、これから10年間で約7,000人も減る見通しです。

 

諫早市の30〜40代人口は、これから10年間で約7,000人減る

諫早市の30〜40代人口の予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 平成30年度人口推計)

 

つまり、買い手がこれから10年で、2割以上も減るのです。

そのため、今後はさらに買い手がつきにくくなるエリアが広がりそうですね。

 

(3)空き家がさらに増えていく

人口が減少傾向にある諫早市では、空き家も問題になりつつあります。

「未利用」のいわゆる放置されている空き家は、2018年時点で約4,200戸、6.9%もあります。14軒に1軒が、いわゆる空き家なのです。

 

諫早市の空き家の内訳

(参考:国土交通省 平成30年 住宅・土地統計調査)

 

手入れがされていない空き家は、湿気がこもって家が傷みやすくなり、老朽化で周辺住民にも迷惑がかかるケースが増えています。

 

そのため、自治体でも、きちんと管理されていない空き家は、「特定空き家」として認定を行い、指導やペナルティが行われるようになりました。

 

特定空き家に対する自治体の対応

 

2023年12月から、空き家の規制がさらに強化

そして、2023年12月からは、さらに対策を強化しています。

「特定空き家(周囲に迷惑をかけている空き家)」になる前の、「管理不全空き家」に対しても、指導や勧告(固定資産税の特例を廃止→6倍になる)を行えるように法律が変わったのです。

 

空き家特措法の改正内容の一部

(参考:国土交通省「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律(令和5年法律第50号)について」)

 

今までは、よほどひどい空き家でなければ、行政からの連絡が来ることもありませんでしたが、これからはその対象が広がり、ペナルティ(固定資産税の減免措置の撤回)も増えてくるでしょう。

そのため、今後はさらに空き家の売却が増えるものと予想されます。

 

4、結論:買うなら?売るなら?

以上のことから、諫早市の土地価格は、

  • 市外から子育て世帯が移住してきており、建築費の上昇で住宅価格が値上がりしても、買い手がつく状況にある
  • 今後は若い世代がさらに減るのと、空き家も増えていくため、駅周辺の住宅需要は、市外からの移住者がこれからも増えるかどうかにかかっている

と言えるでしょう。

 

買うなら:待つよりも購入した方がお得

諫早市の土地価格は、建物価格に比べて高いわけではありません。

また、待つ間の家賃も考えると、土地価格の下落を待つよりも、今のうちに購入した方がトータルの費用は少なくなるでしょう。

 

非公開物件=安い物件

不動産を売る理由はさまざまですが、「周りに知られずに売却したい」という売主は一定の割合でいます。

そのような物件は、ネット上にも出回らず「非公開物件」として、特定の不動産会社が取り扱っている場合があります。

 

非公開物件の理由

 

当然、このような物件は少ないお客さんにしか目にとまる機会がないため、相場よりも価格の安い可能性が高いです。

 

【PR】タウンライフ

こちらの「タウンライフ」に登録すると、全国250社以上の不動産会社が、非公開物件や、値下げ情報を教えてくれます。

 

タウンライフ不動産売買

 

無料ですので、一度利用してみてはいかがでしょうか?

 

タウンライフの詳細はこちら

 

 

売るなら:売却に時間がかかるので、早めの準備を

諫早市の土地価格は、人口減少や空き家の増加によって、売りにくくなるエリアは増えていきます。また、建築費の上昇に加え、金利も上がってきているため、買い手の支払い負担が増えていきます。

 

そのため、売却を考えている人は、早めに準備をした方がいいかもしれません。

 

こんなに違うの?公示地価と実際の取引価格が違いすぎる

そうは言っても、いくらで売れそうなのか?がわからなければ、判断することもできませんよね。

しかも、公示地価と実際の取引価格は、かなり違う場合もあるので、注意が必要です。

 

例えば、諫早市内に「小船越町(おぶなこしまち)」という住宅地があります。

 

この小船越町の公示地価と実際の取引を比べてみると、

  • 公示地価:13万円/坪
  • 実際の取引価格:22万円/坪

と、公示地価の約1.7倍で取引されていました。

 

【諫早市小船越町の公示地価】

諫早市小船越町の公示地価

  • 西諫早駅から1,000mの距離、徒歩約12分(1分=80m)
  • 39,100円/㎡ × 3.3(㎡/坪) =13万円/坪

(参考:国土交通省地価公示・都道府県地価調査)

 

【諫早市小船越町の土地取引(過去2年間)】

諫早市小船越町の土地取引

  • 西諫早駅から徒歩13分のエリアで、22万円/坪で取引されている
  • 公示地価・実際の取引ともに「第1種中高層住居専用地域」という似たような街並みのエリア

(参考:国土交通省 不動産取引価格情報検索)

 

このような感じで、全国の公示地価と実際の取引を調べてみたのですが、やはり公示地価と実際の取引ではかなりの価格差があることがわかりました。

 

同じ地域なのに、

「公示地価の2倍以上の価格で取引されている」

「最低価格と最高価格が3倍以上も違う」

といった取引がゴロゴロ見つかったのです。

 

*東京、大阪、北海道、福島など17都道府県を調査

都道府県住所公示地価/坪取引価格/坪公示地価の何倍?
東京都23区千代田区神保町485万円300〜990万円0.62〜2.04倍
東京都23区中央区佃644万円530〜970万円0.82〜1.51倍
東京都23区墨田区東向島111万円150〜290万円1.35〜2.61倍
東京都八王子市北野台33万円30〜43万円0.91〜1.3倍
東京都立川市柴崎町121万円97〜340万円0.8〜2.81倍
東京都武蔵野市吉祥寺本町216万円150〜300万円0.69〜1.39倍
神奈川県横浜市神奈川区松見町85万円74〜150万円0.87〜1.76倍
神奈川県川崎市中原区木月136万円160〜240万円1.18〜1.76倍
神奈川県相模原市緑区東橋本70万円17〜140万円0.24〜2倍
千葉県千葉市中央区松波77万円64〜110万円0.83〜1.43倍
千葉県船橋市松が丘30万円26〜41万円0.87〜1.37倍
千葉県柏市今谷上町49万円39〜85万円0.8〜1.73倍
埼玉県さいたま市浦和区北浦和113万円78〜160万円0.69〜1.42倍
埼玉県川口市差間43万円42〜61万円0.98〜1.42倍
埼玉県所沢市久米49万円22〜76万円0.45〜1.55倍
北海道札幌市北区25条西38万円32〜48万円0.84〜1.26倍
北海道旭川市8条通10万円7〜14万円0.7〜1.4倍
北海道苫小牧市桜木町7万円6.5〜13万円0.93〜1.86倍
青森県青森市三内10万円5.4〜14万円0.54〜1.4倍
青森県八戸市田向14万円10〜28万円0.71〜2倍
青森県弘前市大字田園13万円15〜18万円1.15〜1.38倍
秋田県秋田市手形22万円18〜25万円0.82〜1.14倍
秋田県大仙市大曲中通町11万円13〜15万円1.18〜1.36倍
秋田県由利本荘市石脇7.8万円5〜14万円0.64〜1.79倍
岩手県盛岡市加賀野21万円15〜32万円0.71〜1.52倍
岩手県一関市赤荻8万円5.5〜17万円0.69〜2.13倍
岩手県奥州市佐倉河21万円15〜32万円0.71〜1.52倍
宮城県仙台市泉区将監26万円34〜52万円1.31〜2倍
宮城県石巻市三ツ股10万円7.8〜14万円0.78〜1.4倍
宮城県名取市大手町27万円29〜40万円1.07〜1.48倍
福島県福島市野田町22万円16〜72万円0.73〜3.27倍
福島県いわき市小島町22万円35万円1.59倍
福島県郡山市芳賀18万円17〜35万円0.94〜1.94倍
山形県山形市東原町26万円18〜32万円0.69〜1.23倍
山形県鶴岡市本町11万円8〜17万円0.73〜1.55倍
山形県酒田市新橋9.5万円10〜15万円1.05〜1.58倍
新潟県新潟市中央区天神尾38万円35〜62万円0.92〜1.63倍
新潟県長岡市東栄19万円13〜19万円0.68〜1倍
新潟県上越市春日野14万円9.6〜16万円0.69〜1.14倍
富山県富山市牛島本町26万円23〜36万円0.88〜1.38倍
富山県高岡市城東17万円9.3〜19万円0.55〜1.12倍
富山県射水市太閤山15万円12〜18万円0.8〜1.2倍
石川県金沢市泉野町35万円24〜45万円0.69〜1.29倍
石川県加賀市小菅波町14万円2.3〜21万円0.16〜1.5倍
石川県野々市市押野26万円25〜31万円0.96〜1.19倍
福井県福井市灯明寺19万円15〜26万円0.79〜1.37倍
福井県坂井市丸岡町西瓜屋10万円12〜15万円1.2〜1.5倍
群馬県高崎市上中居町25万円18〜36万円0.72〜1.44倍
群馬県前橋市駒形町15万円8.7〜18万円0.58〜1.2倍
群馬県伊勢崎市昭和町13万円9.6〜41万円0.74〜3.15倍
栃木県宇都宮市泉が丘28万円28〜40万円1〜1.43倍
栃木県足利市八幡町16.5万円8.7〜19万円0.53〜1.15倍
栃木県小山市城東24万円3.8〜27万円0.16〜1.13倍
茨城県水戸市河和田14万円9.2〜20万円0.66〜1.43倍
茨城県古河市東24万円11〜36万円0.46〜1.5倍
茨城県つくば市春日37万円53万円1.43倍
愛知県名古屋市千種区東山元町56万円19〜67万円0.34〜1.2倍
愛知県岡崎市大和町37万円43〜51万円1.16〜1.38倍
愛知県豊橋市高師本郷町24万円11〜33万円0.46〜1.38倍
岐阜県岐阜市北一色21万円17〜28万円0.81〜1.33倍
岐阜県大垣市林町23万円10〜31万円0.43〜1.35倍
岐阜県多治見市明和町11.5万円8.9〜15万円0.77〜1.3倍
三重県津市大谷町35万円41〜55万円1.17〜1.57倍
三重県四日市市大字茂福21万円24〜32万円1.14〜1.52倍
三重県桑名市大字桑名22万円25〜29万円1.14〜1.32倍
静岡県静岡市葵区音羽町71万円51〜85万円0.72〜1.2倍
静岡県浜松市中区鴨江31万円0.85〜40万円0.03〜1.29倍
静岡県三島市加茂33万円33〜44万円1〜1.33倍
長野県長野市若里29万円30〜46万円1.03〜1.59倍
長野県松本市桐21万円29〜30万円1.38〜1.43倍
長野県上田市常磐城14万円14〜18万円1〜1.29倍
山梨県甲府市上石田15万円19〜23万円1.27〜1.53倍
大阪府大阪市浪速区恵美須東149万円39〜600万円0.26〜4.03倍
大阪府茨木市庄61万円40〜100万円0.66〜1.64倍
大阪府高槻市安岡時町38万円25〜55万円0.66〜1.45倍
京都府京都市伏見区深草大亀谷万帖敷町41万円22〜64万円0.54〜1.56倍
京都府宇治市小倉町43万円22〜55万円0.51〜1.28倍
京都府城陽市久世37万円28〜49万円0.76〜1.32倍
滋賀県大津市朝日が丘45万円25〜55万円0.56〜1.22倍
滋賀県草津市追分30万円32〜37万円1.07〜1.23倍
滋賀県長浜市祇園町17万円8.9〜23万円0.52〜1.35倍
兵庫県神戸市鈴蘭台南町24万円14〜41万円0.58〜1.71倍
兵庫県姫路市飾磨区今在家28万円30〜35万円1.07〜1.25倍
兵庫県尼崎市稲葉荘56万円39〜83万円0.7〜1.48倍
奈良県奈良市中登美ケ丘35万円40〜61万円1.14〜1.74倍
奈良県橿原市土橋町26万円31〜44万円1.19〜1.69倍
奈良県生駒市俵口町27万円22〜35万円0.81〜1.3倍
和歌山県和歌山市黒田21万円19〜48万円0.9〜2.29倍
和歌山県田辺市東山19万円22〜24万円1.16〜1.26倍
岡山県岡山市田中33万円35〜47万円1.06〜1.42倍
岡山県倉敷市大島31万円13〜35万円0.42〜1.13倍
岡山県津山市東一宮10万円4.5〜12万円0.45〜1.2倍
広島県広島市牛田早稲田40万円19〜80万円0.48〜2倍
広島県福山市沖野上町24万円6.9〜34万円0.29〜1.42倍
広島県呉市広白岳17万円7.4〜21万円0.44〜1.24倍
鳥取県鳥取市吉方温泉17万円5〜19万円0.29〜1.12倍
鳥取県米子市観音寺新町16万円15〜20万円0.94〜1.25倍
島根県松江市内中原町26万円26〜32万円1〜1.23倍
山口県下関市綾羅木南町13万円20万円1.54倍
山口県山口市小郡下郷16.5万円8.9〜19万円0.54〜1.15倍
山口県宇部市笹山町7.3万円10〜13万円1.37〜1.78倍
愛媛県松山市岩崎町44万円30〜68万円0.68〜1.55倍
愛媛県今治市南大門町17万円24〜30万円1.41〜1.76倍
愛媛県新居浜市河内町22万円10〜24万円0.45〜1.09倍
香川県高松市松縄町29万円39〜40万円1.34〜1.38倍
香川県丸亀市中府町25万円35万円1.4倍
徳島県徳島市佐古一番町31万円13〜59万円0.42〜1.9倍
高知県高知市東久万34万円29〜38万円0.85〜1.12倍
福岡県福岡市南区大楠56万円69〜97万円1.23〜1.73倍
福岡県北九州市八幡西区永犬丸西町17万円10〜21万円0.59〜1.24倍
福岡県久留米市諏訪野町22万円15〜27万円0.68〜1.23倍
佐賀県佐賀市兵庫北21万円 16〜31万円0.76〜1.48倍
佐賀県唐津市和多田本村18万円18〜24万円1〜1.33倍
佐賀県鳥栖市弥生が丘19万円18〜21万円0.95〜1.11倍
大分県大分市王子新町30万円28〜45万円0.93〜1.5倍
大分県別府市山の手町21万円16〜35万円0.76〜1.67倍
大分県中津市中央町30万円28〜45万円0.93〜1.5倍
長崎県長崎市滑石20万円14〜24万円0.7〜1.2倍
長崎県佐世保市広田11万円19〜29万円1.73〜2.64倍
長崎県諫早市小船越町13万円22万円1.69倍
熊本県熊本市武蔵ヶ丘21万円15〜32万円0.71〜1.52倍
熊本県八代市井上町9万円4.7〜10万円0.52〜1.11倍
熊本県天草市今釜新町14万円14〜15万円1〜1.07倍
宮崎県宮崎市神宮28万円32〜33万円1.14〜1.18倍
宮崎県都城市姫城町10万円8.5〜15万円0.85〜1.5倍
宮崎県延岡市西小路19万円20〜26万円1.05〜1.37倍
鹿児島県鹿児島市荒田56万円35〜91万円0.63〜1.63倍
鹿児島県霧島市国分中央11万円9.5〜15万円0.86〜1.36倍
鹿児島県薩摩川内市平佐町9.5万円7.9〜10.4万円0.83〜1.09倍
沖縄県那覇市首里石嶺町42万円31〜46万円0.74〜1.1倍
沖縄県うるま市江州56万円69〜97万円1.23〜1.73倍
沖縄県浦添市経塚53万円60〜69万円1.13〜1.3倍

 

つまり、あなたの不動産が、思っていた以上に、数百万円〜数千万円高い可能性があるのです。

では、どうすれば、それがわかるのか?

 

答えは、不動産の一括査定です。

不動産は、その地域、または物件を多く手がける会社かどうかで、評価額が変わります。なので、多くの不動産会社が参加している一括査定を使うことで、評価額が高いかどうかがわかるんですね。

 

【PR】イエウール(地元企業も参加)

特に「イエウール」は、参加している不動産会社が1,700社以上と多く、なおかつ大手不動産会社が1番多く参加しているのでオススメです。

 

一括査定の比較_大手の参加状況

 

無料で使えますので、1度調べてみてはいかがでしょうか?

 

あなたの不動産の評価額を調べるならこちら

 

 

 

 

 

※1 本記事では、いくつかのサービスのご紹介をしています。それぞれ、「イエウール(運営元 株式会社Speee)」「タウンライフ(運営元 タウンライフ株式会社)」の委託を受けて作成しております

 

 

 

コメント