名古屋市の人口推移|この10年間で、どのように変わってきたのか?

名古屋市緑区 愛知県

この記事では、名古屋市がこの10年間で、どのように変化してきたのか?そして、これからどんな街になっていくのか?について、各種データをご紹介しながら、考察していきます。

 

1、名古屋市の人口

(1)名古屋市の人口推移

名古屋市の2013〜23年までの10年間の人口・世帯数は、約4.7万人の増加をして229万人、約11.9万世帯増加して、115.7万世帯でした。

 

名古屋市の人口・世帯数

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

年代別の人口変化

年代別に見てみると、50代以上、15〜29歳は増加しているものの、0〜14歳、30〜40代は減少していました。

 

名古屋市の年代別の人口

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

子育て世帯(0〜14歳、30〜40代)は減っているものの、学生や就職した若い単身世帯、シニア世代は増加傾向にあると言えます。

 

地区別の人口変化

では、具体的に、どのあたりで増加・減少しているのでしょうか。

2013〜23年までの10年間で、人口が100人以上増加・減少している地区を調べた結果がこちらです。

 

赤色(+1,000人以上)>オレンジ色(+500〜999人)>緑色(+100〜 499人)>青色(-100〜 -499人)>紫色(-500人以上)

*2013年時点では存在しなかった地名の場合、実際よりも増加している地区もありますが、再開発と地名変更がセットになっているケースが多く、そのまま掲載しています

(参考:名古屋市HP 人口)

 

ちょっとゴチャっとして、見にくいかもしれませんが、傾向的には、

  • 中区や東区などの中心部に近いエリアほど、増加しているところが多い
  • 中心部から離れていくと、減少している地区が増えていく
  • 港区や南区などの湾岸部では、減少しているエリアが多い
  • 豊明市との境目のあたりでは、増加している地区が多い

といった感じですね。

 

(2)名古屋市の転入超過数

人口が増え続けている名古屋市ですが、市外からの移住してくる人はどの程度のなのでしょうか?

転入超過数(名古屋市に引っ越してきた人から、出て行った人を差し引いた数)を見てみると、新型コロナがあった2020〜21年は大幅に減っていますが、毎年1万人以上が名古屋市に移住してきていました。

 

名古屋市の転入超過数の推移

(参考:総務省統計局 住民基本台帳人口移動報告)

 

では、その内訳は?

というと、約半分が外国人の海外からの移住でした。その他は、15〜29歳の学生・就職した若い世代が約半分ですね。

それ以外の、子育て世帯(0〜14歳、30〜40代)は、市外へ移住する人の方が多いですね。

 

年代別の転入超過数

名古屋市の年代別の転入超過数の推移

(参考:総務省統計局 住民基本台帳人口移動報告)

 

子育て世帯の人口減少と、若い世代・シニア世代の増加は、市外からの移住の状況を反映していることがわかりますね。

 

また、外国人の移住が増えているため、名古屋市の外国人は、5年前から比べて約7,700人増加して、2023年現在で約8.6万人います。割合にすると、約3.7%になります。

5年で約1割増えた計算になります。

 

 

実数

18年比

人口

世帯数

人口

世帯数

日本人

2,208,571

1,109,007

-1,113

+51,036

外国人

86,283

47,795

+7,727

+6,038

合計

2,294,854

1,156,802

+6,614

+57,074

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

少子高齢化で労働力が不足している、とニュースでもよく見ますし、コンビニなどでも外国人の方が働いている姿を見ると思います。

外国人の移住は、毎年のように続いているので、今後はさらに増えていくでしょう。

 

(3)名古屋市の人口予測

国立社会保障・人口問題研究所が、2023年に発表した名古屋市の人口の見通しによると、2025→35年の10年間で人口は約5.5万人減少するそうです。

2018年の推計では、10年間で4.7万人の減少を予測していましたので、減少ペースがさらに加速していくようです。

 

名古屋市はこれから10年で約5.5万人減少

名古屋市の人口予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 「日本の地域別将来推計人口(令和5年推計)」)

 

さらに、家を建てる中心年代の30〜40代人口は、2025→35年の10年間で約3.2万人減る見通しです。

2018年の予測では、4.8万人の減少だったため、若い世代や外国人の人口流入が増えていることから、減少ペースは緩やかになるようです。

 

名古屋市の30〜40代人口は、これから10年で約3.2万人減る

名古屋市の30〜40代人口予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 「日本の地域別将来推計人口(令和5年推計)」)

 

つまり、若い世代は(国内外から移住してくるので)あまり減らず、高齢者は大きく減る、という見通しへと変わってきているようです。

 

2、名古屋市の住宅事情

(1)名古屋市の新規建設戸数

名古屋市の新規建設戸数は、マンションは増加傾向にありますが、戸建ては逆に減少傾向にあります。

駅周辺に高層マンションの建設が増えたことで、戸建てよりもマンションを購入する人が増えているためでしょう。

 

名古屋市の新築建設戸数

(参考:国土交通省 「建設着工統計」)

 

 

(2)名古屋市の空き家率・空き家数の内訳

名古屋市の人口は、足元では増加傾向にあるものの、空き家の数は増えています。

名古屋市で、「未利用」状態の空き家は、2018年時点で約4.2万戸あり、全体の約3.5%が空き家となっている状況です。

 

名古屋市の空き家の内訳

(参考:国土交通省 「平成30年住宅・土地統計調査 調査の結果」)

 

区別に見ると、千種区、昭和区、瑞穂区、南区が5%近い空き家率となっています。

名駅や栄などの中心部から、東〜南側の住宅地の多いエリアですね。この辺りは、古くからある住宅地が多く、高齢化が進んでいることもあって、空き家が増えやすくなっているのかもしれません。

 

3、商業施設の出店状況・出店計画

ショッピングモールができると、買い物が便利になるため、周辺に家が建ちます。

また、企業の側でも、何億〜何十億円もかけて建てるので、「ここに建てたら本当に儲かるのか?」と慎重に調査を行った上で、決定します。

 

そのため、新しくできるショッピングモールの立地から、名古屋市でこれからどのあたりで人気が出るのか?または、空いている商圏はどこか?ということがわかります。

 

愛知県のショッピングセンターの新規出店状況

赤色(200店舗以上)>オレンジ色(100〜199店舗)>緑色(50〜 99店舗)>青色(30〜 49店舗)>紫色(30店舗以下)

(参考:日本ショッピングセンター協会)

 

店舗が100店舗以上のショッピングモールは、名駅周辺の中心部と、港区の郊外エリアとに分かれていました。

 

名古屋市の100店舗以上の新規ショッピングモール

モール名 オープン年月 所在地 店舗数
イオンモール名古屋茶屋
2014年6月 港区西茶屋2-11 200
JRセントラルタワーズ 2017年4月 中村区名駅1-1-4 230
ららぽーと名古屋みなとアクルス 2018年9月 港区港明2-3-2 217
イオンモール ノリタケガーデン 2021年10月 西区則武新町3-1-17 150

 

集客力の強いモールを作るには、それなりの広さの土地を確保しなければいけません。

そのため、郊外の農地が多く残っているエリアや、高い建物を建てやすい中心部が選ばれているのでしょう。

 

また、名古屋市の周辺を見てみると、2016年のイオンモール長久手(長久手市)、2017年のプライムツリー赤池(日進市)、2020年のららぽーと愛知東郷(東郷町)と、名古屋市の東側に大規模なモール建設が集中しています。

名古屋市の郊外で人口が増加しているのは、このような郊外型のモール建設の動きが増えているからなのかもしれません。

 

4、まとめ

というわけで、この10年間の名古屋市の人口の変化をまとめると、

  • 「中心部のマンション(電車通勤)」と「郊外の新興住宅地の戸建て(車通勤)」に分かれてきている
  • 中心部でも郊外でもない、その中間に位置する、昭和区や瑞穂区、南区などでは、大きな商業施設もできておらず、空き家率が高まっていたり、人口の減少が進んでいる
  • 若い世代や外国人は流入しているものの、子育て世帯は市外に流出している

と言えるでしょう。

 

このサイトでは、名古屋市の不動産に関する記事も書いております。ご興味のある方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

名古屋市の土地価格|上昇・下落した理由|今後の見通し
名古屋市の令和5年度の公示地価の平均価格は、住宅地で201,300円/㎡(前年比+3.7%)、商業地で1,023,600円/㎡(+5.0%)でした。この記事では、価格データや、これほど大きく上昇した理由、今後の見通しについて解説します。

 

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

コメント