帯広市の人口推移|この10年間で、どのように変わってきたのか? | イエ&ライフ

帯広市の人口推移|この10年間で、どのように変わってきたのか?

帯広市 北海道

この記事では、帯広市がこの10年間で、どのように変化してきたのか?そして、これからどんな街になっていくのか?について、各種データをご紹介しながら、考察していきます。

 

1、帯広市の人口

(1)帯広市の人口推移

帯広市の2013〜23年までの10年間の人口・世帯数は、約5,000人の減少をして16.4万人、約7,000世帯減少して、9万世帯でした。

 

帯広市の人口

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

年代別の人口変化

年代別に見てみると、65歳以上は2割増加し、それ以外の年代は1割以上の減少をしていました。

少子高齢化が少しずつ進んでいますね。

 

帯広市の年代別の人口

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

高齢化率(65歳以上の人口)は、約30%と、全国平均の28.4%を少し上回っている状況です。

 

地区別の人口変化

では、具体的に、どのあたりで増加・減少しているのでしょうか。

2018〜23年までの5年間で、人口が50人以上増加・減少している地区を調べた結果がこちらです。

 

帯広市の地区別の人口変化(2018.1〜23.1)

赤色(+300人以上)>オレンジ色(+100〜299人)>緑色(+50〜 99人)>青色(-50〜 -99人)>紫色(-100人以上)

(参考:帯広市HP 住民基本台帳)

 

帯広駅より西側のエリアでは、減少している地区が多いですね。

増加しているのは、帯広市の北側と、おびひろ動物園より南側のエリアに多い印象です。

 

(2)帯広市の転入超過数

人口が減少している帯広市ですが、市外からの移住してくる人はどの程度のなのでしょうか?

 

転入超過数(帯広市に引っ越してきた人から、出て行った人を差し引いた数)を見てみると、2020年ごろから、移住してくる人の方が増えていました。

 

帯広市の転入超過数

(参考:総務省統計局 住民基本台帳人口移動報告)

 

では、その内訳は?

というと、特に2020年以降で増えているのは、15〜29歳の若い世代と、30〜40代でした。

0〜14歳は市外に出て行っている状況を見ると、子育て世帯は、札幌などに移住しているのかもしれませんが、単身の40代ぐらいまでの人が、移住してきているようです。

 

年代別の転入超過数

帯広市の年代別の転入超過数

(参考:総務省統計局 住民基本台帳人口移動報告)

 

また、外国人の移住も着実に増えています。

帯広市の外国人は、5年前から比べて約300人増加して、2023年現在で約1,000人います。割合にすると、約0.6%になります。

 

 

実数

18年比

人口

世帯数

人口

世帯数

日本人

162,999

89,226

-3,979

+2,444

外国人

1,015

740

+340

+356

合計

164,014

89,966

-3,639

+2,800

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

帯広市では、ベトナム、韓国、中国からの人が多いようです。

外国人の移住は、新型コロナで渡航制限があった2020〜21年も減っておらず、安定して増え続けています。

 

(3)帯広市の人口予測

国立社会保障・人口問題研究所が、2023年に発表した帯広市の人口の見通しによると、2025→35年の10年間で人口は約1.1万人減少するそうです。

 

帯広市はこれから10年で約1.1万人減少

帯広市の人口予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 「日本の地域別将来推計人口(令和5年推計)」)

 

また、高齢化率(65歳以上)は、2025年には31%を超え、10年後の2035年には35%を超えます。

その後も高齢化率は高まり続け、20年後には約4割の水準にまできます。

 

帯広市の高齢化率は、これから10年で4割を超える

帯広市の年代別の人口予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 「日本の地域別将来推計人口(令和5年推計)」)

 

ただし、49歳までの若い世代の人口比は、2035年ごろに底を打ち、横ばいになっていく見通しです。

 

2、帯広市の住宅事情

(1)帯広市の新規建設戸数

帯広市の新規建設戸数は、ここ10年で見ると、特に戸建てにおいて、ここ1〜2年で着工数の減少が進んでいるようです。

 

帯広市の新着戸数

(参考:国土交通省 「建設着工統計」)

 

建築費の上昇や、新型コロナ以降の結婚・出産件数が減少していることから、持ち家の需要が減少しているのかもしれません。

 

(2)帯広市の空き家率・空き家数の内訳

帯広市で、「未利用」状態の空き家は、2018年時点で約3,000戸あり、全体の約3.4%が空き家となっている状況です。

 

帯広市の空き家の内訳

(参考:国土交通省 「平成30年住宅・土地統計調査 調査の結果」)

 

このデータは2018年までのものなので、この5年間でどのようになっているのかが気になるところです。

地区別の人口の変化で見ると、帯広駅より西側のエリアで人口減少が進んでいるため、この辺りで空き家が増えているかもしれません。

 

4、まとめ

というわけで、この10年間の帯広市の人口の変化をまとめると、

  • 帯広駅の北側、おびひろ動物園より南側では増加しているものの、駅の西側では減少しており、住宅需要が北と南に移ってきている
  • 外国人や単身世帯の移住が増えており、人口減少に歯止めがかかっている

と言えるでしょう。

 

なお、このサイトでは、帯広市の不動産に関する記事も書いております。ご興味のある方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

帯広市の土地価格|上昇・下落した理由|今後の見通し
帯広市の令和5年度の公示地価の平均価格は、住宅地で30,600円/㎡(前年比+9.8%)、商業地で52,900円/㎡(+5.5%)でした。この記事では、価格データや、これほど大きく上昇した理由、今後の見通しについて解説します。

 

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

コメント