旭川市の人口推移|この10年間で、どのように変わってきたのか? | イエ&ライフ

旭川市の人口推移|この10年間で、どのように変わってきたのか?

旭川市 北海道

この記事では、旭川市がこの10年間で、どのように変化してきたのか?そして、これからどんな街になっていくのか?について、各種データをご紹介しながら、考察していきます。

 

1、旭川市の人口

(1)旭川市の人口推移

旭川市の2013〜23年までの10年間の人口・世帯数は、約2.5万人の減少をして32.4万人、約3,000世帯増加して、17.8万世帯でした。

 

旭川市の人口

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

年代別の人口変化

年代別に見てみると、50代以上は増加しているものの、そのほかの年代は減少していました。

 

旭川市の年代別の人口

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

0〜14歳、15〜29歳が10年でそれぞれ2割近く減っており、少子高齢化を感じさせますね。

 

地区別の人口変化

では、具体的に、どのあたりで増加・減少しているのでしょうか。

2014〜23年までの9年間で、人口が100人以上増加・減少している地区を調べた結果がこちらです。

 

旭川市の地区別の人口変化(2018.1〜23.1)

赤色(+1,000人以上)>オレンジ色(+500〜999人)>緑色(+100〜 499人)>青色(-100〜 -499人)>紫色(-500人以上)

(参考:旭川市HP 旭川市の世帯・人口)

 

旭川駅の周辺だけ増加しており、それ以外では減少していました。

 

(2)旭川市の転入超過数

人口は減っているものの、世帯数は増えている旭川市ですが、市外からの移住してくる人はどの程度のなのでしょうか?

 

転入超過数(旭川市に引っ越してきた人から、出て行った人を差し引いた数)を見てみると、新型コロナがあった2020年を除いて、毎年500人前後が市外へ移住していました。

 

旭川市の転入超過数

(参考:総務省統計局 住民基本台帳人口移動報告)

 

では、その内訳は?

というと、子育て世帯(0〜14歳、30〜40代)や学生・若い世代(15〜29歳)が市外へ移住している一方で、50代以上が市外から移住してきていました。

50代以上の人口が増えているのは、市外からの移住もあるからなんですね。

 

年代別の転入超過数

旭川市の年代別の転入超過数

(参考:総務省統計局 住民基本台帳人口移動報告)

 

また、外国人の移住も増えているため、旭川市の外国人は、5年前から比べて約350人増加して、2023年現在で約1,300人います。割合にすると、約0.4%になります。

 

 

実数

18年比

人口

世帯数

人口

世帯数

日本人

322,894

176,789

-16,384

-439

外国人

1,292

908

+359

+321

合計

324,186

177,697

-16,025

-118

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

旭川市では、ベトナム、中国や韓国からの人が多いようです。

外国人の移住は、新型コロナで渡航制限があった2020〜21年は減っていますが、22年から回復しており、今後も増加していくでしょう。

 

(3)旭川市の人口予測

国立社会保障・人口問題研究所が、2023年に発表した旭川市の人口の見通しによると、2025→35年の10年間で人口は約3万人減少するそうです。

 

旭川市はこれから10年で約3万人減少

旭川市の人口予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 「日本の地域別将来推計人口(令和5年推計)」)

 

また、人口の構成比は、高齢化がさらに進むため、2045年には70歳以上が全体の35%を占めます。

 

旭川市の70歳以上は、これから10年で31.4%に増加

旭川市の将来の人口構成比 年代別

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 「日本の地域別将来推計人口(令和5年推計)」)

 

ただし、49歳までの若い世代の人口比は、2035年ごろに底を打ち、横ばいになっていく見通しです。

 

2、旭川市の住宅事情

(1)旭川市の新規建設戸数

旭川市の新規建設戸数は、ここ10年で見ると、戸建てのピークは2021年に、マンションのピークは2016年でした。

人口は減ってきているものの、持ち家の需要は、年々落ち込んでいる、という状況ではありません。

 

旭川市の新規着工数

(参考:国土交通省 「建設着工統計」)

 

(2)旭川市の空き家率・空き家数の内訳

旭川市で、「未利用」状態の空き家は、2018年時点で約7,500戸あり、全体の約4.2%が空き家となっている状況です。

 

旭川市の空き家の内訳

(参考:国土交通省 「平成30年住宅・土地統計調査 調査の結果」)

 

このデータは2018年までのものなので、この5年間でどのようになっているのかが気になるところです。

地区別の人口の変化で見ると、旭川駅の周辺では増加している一方で、郊外では減少しているところが多いですので、郊外で空き家が増えている可能性は高いでしょう。

 

3、商業施設の出店状況・出店計画

旭川市では、2015年に旭川駅前にイオンモールができました。
これによって、旭川駅周辺の魅力が高まり、駅周辺にマンション建設が増えたこともあって、人口の増加につながっています。
 
その一方で、西武やマルカツなどの、昔からの百貨店は閉店が続いており、平和通買物公園の周辺は、かなり衰退しています。
地方都市あるあるですが、中心部の商店街が、大規模なショッピングモールに客を取られて衰退する、というパターンが旭川市でも起こっているわけです。
 
そのため、これまた地方都市あるあるですが、中心部の商業地に、大規模なマンションを誘致することで、中心部の人口を増やそうとい言う動きが出ています。
それが、2025年に151戸の大規模マンション「プレミスト旭川ザ・タワー」です。
地元や海外の富裕層、車での移動が難しくなった時のことを考えて、郊外の戸建てからの移住するシニア世代をターゲットとしているようです。

 

郊外の人口減少は今後も続きそうですので、店舗やマンションの建設は、旭川駅の周辺に集中していきそうですね。

 

4、まとめ

というわけで、この10年間の旭川市の人口の変化をまとめると、

  • 旭川駅の周辺では増加しているものの、郊外では減少している。特に2015年にイオンモールができた効果もあって、旭川駅周辺に人気が集中している
  • 市外からの人口流入の多くは、外国人と50代以上であり、若い世代の人口流出は当分の間続きそう

と言えるでしょう。

 

なお、このサイトでは、旭川市の不動産に関する記事も書いております。ご興味のある方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

旭川市の土地価格|上昇・下落した理由|今後の見通し
旭川市の令和5年度の公示地価の平均価格は、住宅地で20,500円/㎡(前年比+0.7%)、商業地で52,300円/㎡(+0.3%)でした。この記事では、上昇した理由や、今後の見通しについて解説します。

 

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

コメント