函館市の人口推移|この10年間で、どのように変わってきたのか? | イエ&ライフ

函館市の人口推移|この10年間で、どのように変わってきたのか?

ラッキーピエロ 北海道

この記事では、函館市がこの10年間で、どのように変化してきたのか?そして、これからどんな街になっていくのか?について、各種データをご紹介しながら、考察していきます。

 

1、函館市の人口

(1)函館市の人口推移

函館市の2013〜23年までの10年間の人口・世帯数は、約3.1万人の減少をして24.4万人、約3,000世帯減少して、14万世帯でした。

 

函館市の人口

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

年代別の人口変化

年代別に見てみると、65歳以上は増加しているものの、そのほかの年代は、いずれもほぼ2割ほど減少していました。

 

 

函館市の年代別の人口変化

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

高齢化率(65歳以上の人口)は、約37%と、全国平均の28.4%を大きく上回っている状況です。

 

地区別の人口変化

では、具体的に、どのあたりで増加・減少しているのでしょうか。

2013〜23年までの10年間で、人口が100人以上増加・減少している地区を調べた結果がこちらです。

 

函館市の地区別の人口変化(2013.1〜23.1)

赤色(+1,000人以上)>オレンジ色(+500〜999人)>緑色(+100〜 499人)>青色(-100〜 -499人)>紫色(-500人以上)

(参考:函館市HP 住民基本台帳)

 

函館蔦屋書店のある石川町の周辺で増加しているものの、それ以外のエリアでは、ほとんどの地域で減少していました。

 

(2)函館市の転入超過数

人口が減少している函館市ですが、市外からの移住してくる人はどの程度のなのでしょうか?

 

転入超過数(函館市に引っ越してきた人から、出て行った人を差し引いた数)を見てみると、毎年1,000人前後が、函館市外へと移住していました。

 

函館市の転入超過数

(参考:総務省統計局 住民基本台帳人口移動報告)

 

では、その内訳は?

というと、増えているのは、50代以上と、外国人のみで、それ以外の人たちは、出て行っている状況です。

特に、進学や就職のタイミングで出ていく15〜29歳が多いですね。

 

年代別の転入超過数

函館市の年代別の転入超過数

(参考:総務省統計局 住民基本台帳人口移動報告)

 

一方で、外国人の移住は増えているため、函館市の外国人は、5年前から比べて約400人増加して、2023年現在で約1,300人います。割合にすると、約0.6%になります。

 

 

実数

18年比

人口

世帯数

人口

世帯数

日本人

243,080

139,045

-18,492

-3,546

外国人

1,351

1,036

+404

+378

合計

244,431

140,081

-18,088

-3,168

(参考:総務省 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

函館市では、ベトナム、中国からの人が多いようです。

外国人の移住は、新型コロナで渡航制限があった2020〜21年は減っていますが、22年から回復しており、今後も増加していくでしょう。

 

(3)函館市の人口予測

国立社会保障・人口問題研究所が、2023年に発表した函館市の人口の見通しによると、2025→35年の10年間で人口は約3.3万人減少するそうです。

この10年でも、約3万人減っていますが、そのペースがさらに加速するようです。

 

函館市はこれから10年で約3.3万人減少

函館市の人口予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 「日本の地域別将来推計人口(令和5年推計)」)

 

また、高齢化率(65歳以上)は、2025年には38%を超え、10年後の2035年には4割を超えます。

その後も高齢化率は高まり続けます。

 

函館市の高齢化率は、これから10年で4割を超える

函館市の人口構成の将来予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 「日本の地域別将来推計人口(令和5年推計)」)

 

ただし、49歳までの若い世代の人口比は、2035年ごろに底を打ち、横ばいになっていく見通しです。

 

2、函館市の住宅事情

(1)函館市の新規建設戸数

函館市の新規建設戸数は、ここ10年で見ると、マンションへ減少傾向、戸建てはほぼ横ばい、という状況でした。

人口は減ってきているものの、蔦屋書店のあたりでは人口が増えており、郊外の戸建て需要は、ある程度残っていると考えられます。

 

函館市の新着戸数

(参考:国土交通省 「建設着工統計」)

 

(2)函館市の空き家率・空き家数の内訳

函館市で、「未利用」状態の空き家は、2018年時点で約10,800戸あり、全体の約7.3%が空き家となっている状況です。

 

函館市の空き家の内訳

(参考:国土交通省 「平成30年住宅・土地統計調査 調査の結果」)

 

このデータは2018年までのものなので、この5年間でどのようになっているのかが気になるところです。

地区別の人口の変化で見ると、蔦屋書店の周辺だけ人口が増えている状況なので、ほぼ全域で、郊外で空き家が増えている可能性は高いでしょう。

 

3、商業施設の出店状況・出店計画

函館市では、2013年に函館蔦屋書店がオープンしました。
これによって、周辺の魅力が高まり、人口・世帯数が増加した唯一のエリアとなっています、
 
ですが、それ以降は、集客力のある商業施設はできておらず、むしろ、人口減少によって、2019年に棒二森屋が閉店し、23年にはテーオーデパートも閉店しました。
そして、丸井今井も、低層階を商業施設、高層階をマンションまたはホテルなどに利用する複合施設への建て替えを検討しています。

 

4、まとめ

というわけで、この10年間の函館市の人口の変化をまとめると、

  • 函館蔦屋書店の周辺では増加しているものの、それ以外のエリアでは減少している
  • 特に若い世代の人口流出が止まらず、高齢化率も4割近くにまで上昇している

と言えるでしょう。

 

なお、このサイトでは、函館市の不動産に関する記事も書いております。ご興味のある方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

函館市の土地価格|上昇・下落した理由|今後の見通し
函館市の令和5年度の公示地価の平均価格は、住宅地で39,500円/㎡(前年比-0.2%)、商業地で66,200円/㎡(-0.6%)でした。この記事では、価格データや、下落した理由、今後の見通しについて解説します。

 

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

コメント