札幌市手稲区の人口推移|5年間の地区別の変化|今後の見通し

この記事では、札幌市手稲区の

  1. 過去5年間の人口推移、地区別の人口変化
  2. 札幌市手稲区外からの人口流入・流出
  3. 今後の見通し

の3点について、解説していきます。

 

なお、このサイト「イエアンドライフ」は、不動産を購入または売却するために必要な情報をまとめているサイトです。

そのため、人口変化の分析・予想についても、不動産の購入・または売却の参考になるように、情報を整理しております。

 

1、過去5年間の人口推移、地区別の人口変化

まずは、札幌市手稲区の人口の推移を見てみましょう。

2018〜2023年の5年間で、手稲区の人口は、約1,000人減少して、14.1万人になりました。

逆に、世帯数は約3,000世帯増えて、7.1万世帯でした。

 

札幌市手稲区の人口推移

(参考:総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

地区別の人口変化

札幌市のHPから、2018年1月〜2023年1月の地区ごとの人口を調べて、その増減を地図上に表したのがこちらです。

 

人口変化(2018.1〜2023.1)

増減数:濃い赤色(+1,000人以上)>ピンク色(+500〜999人)>オレンジ色(+100〜499人)>緑色(0〜 +99人)>青色の↙️(-1〜 -99人)>紫色の↙️(-100〜 -499人)>茶色の↙️

 

(参考:札幌市 「人口統計」)

 

駅から離れた郊外で100人以上の減少しているのは、銭箱の近くの曙地区のみで、むしろ増加しているエリアが多い印象です。

 

2、札幌市手稲区以外からの人口流入・流出

世帯数は増えていますが、区外から引っ越して来ている人は、どの程度いるのでしょうか?

札幌市手稲区の転入超過数(引っ越して来た人 ー 出て行った人)を調べた結果がこちらです。

 

札幌市手稲区の転入超過数の推移

(参考:総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

毎年500〜1,000人規模で、人口流入が起こっていました。5年間で約3,300人と、世帯数の増加は、この人口流入で、かなり説明がつきそうです。

 

北海道では、地方の経済が疲弊しているため、医療・介護・仕事・進学を目的に、引っ越してくる人が多いようです。

 

(2)年代別

では、どの年代が、区外から入って来たのでしょうか?

 

若い世代は減少、それ以外は増加

札幌市手稲区の年代別の転入超過数

(参考:総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」)

 

15〜29歳の若い世代では、減少しています。一人暮らしで西区や中央区へ引っ越す人が多いのでしょう。

その一方で、0〜14才が増えており、中心部に住んでいた子育て世帯が、土地価格の安い手稲区に引っ越して来ているのがわかります。

 

お隣の北区でも、あいの里や屯田などの、かなり離れたエリアで新興住宅地ができており、手稲区でも同じような動きが起こっていると考えられます。

 

3、今後の見通し

国立社会保障・人口問題研究所が、2018年に発表した札幌市手稲区の人口の見通しによると、2025→35年の10年間で約7,000人減少するそうです。

 

札幌市手稲区の人口予測

(出典:国立社会保障・人口問題研究所 平成30年度人口推計)

 

しかし、ここ5年間の人口推移を見ると、市外から引っ越してくる人が増えて来ているので、もう少し減り方が緩やかになりそうです。

北海道の経済は、想像以上に、札幌市周辺への一極集中が進んでいるので、人口流入はこれからも続きそうです。

 

まとめ

というわけで、この5年間の札幌市手稲区の人口の動きをまとめると、

  • 札幌市の中心部の不動産価格が上がっているため、郊外に移住する動きから、手稲区にも人口流入の波が広がっている
  • 若い世代は出て行っている一方で、子育て世帯やシニア世代の人口流入が増えている
  • 今後も札幌市への一極集中は続きそうなので、世帯数ベースでは増えていきそう

と言えるでしょう。

 

参考

土地価格の分析についてはこちら

札幌市手稲区の土地価格|上昇・下落した理由|今後の見通し
札幌市手稲区の令和5年度の公示地価の平均価格は、住宅地で70,100円/㎡(前年比+22.1%)、商業地で85,600円/㎡(+11.1%)でした。この記事では、価格データや、これほど大きく上昇した理由、今後の見通しについて解説します。

 

 

コメント