立川市の路線価の調べ方|計算方法と相続時の注意点 | イエ&ライフ

立川市の路線価の調べ方|計算方法と相続時の注意点

立川市東京都

この記事では、立川市の路線価について、

  1. 地区ごとの路線価の一覧
  2. 路線価の計算方法
  3. 相続で利用する際の注意点

について解説していきます。

 

1、立川市の路線価の一覧

路線価は、毎年7月1日に国税庁から発表される土地の評価額のことで、相続税の申告の際に使われます。

基本的には公示地価や基準地価の80%の価格になっているため、まずはザックリ価格を知りたい場合には、こちらを参考にするのが簡単です。

 

立川市の路線価・公示地価

*地名を検索窓に入力すると絞り込めます。1文字からOK

*公示地価:2021年1月1日現在

 

住居表示最寄駅(m)路線価(万円/坪)公示地価(万円/坪)
立川市一番町4丁目42番2武蔵砂川(1200)42.252.8
立川市栄町2丁目19番46立川(2200)61.877.2
立川市栄町4丁目21番16立川(2000)71.889.8
立川市栄町4丁目36番11立川(2000)6783.8
立川市栄町5丁目47番5泉体育館(850)63.679.5
立川市錦町1-20-10西国立(400)93.4116.8
立川市錦町2-1-2立川(250)512.2640.2
立川市錦町2-12-13立川(850)102.4128
立川市錦町3-12-23立川(1100)87.9109.9
立川市錦町5-16-7立川(1400)81101.3
立川市錦町6-9-23立川(1500)68.685.8
立川市幸町2丁目41番18砂川七番(450)60.775.9
立川市幸町4丁目26番7砂川七番(1300)56.570.6
立川市幸町5丁目2番16外砂川七番(70)78.498
立川市幸町6丁目15番23玉川上水(550)61.376.6
立川市高松町2-11-16立川(1200)88.5110.6
立川市砂川町1丁目42番2武蔵砂川(1600)47.359.1
立川市砂川町3丁目5番1外武蔵砂川(1000)51.264
立川市砂川町4丁目27番32外武蔵砂川(1100)47.359.1
立川市砂川町7丁目56番69外玉川上水(1600)45.456.8
立川市柴崎町1-11-8立川(1400)7593.7
立川市柴崎町2-22-4立川(600)113.8142.2
立川市柴崎町3-13-22立川(450)199248.8
立川市柴崎町4-15-10立川(1300)77.997.4
立川市若葉町2丁目27番7国立(2500)50.763.4
立川市曙町1-12-23立川(490)184230
立川市曙町2-14-19立川(400)223.8279.8
立川市曙町2-7-20立川(160)1380.71725.9
立川市曙町3-28-15立川(1400)74.292.7
立川市上砂町4丁目46番27武蔵砂川(400)49.461.7
立川市西砂町1丁目78番14西武立川(500)44.956.1
立川市西砂町5丁目53番13西武立川(1500)36.445.5
立川市柏町3丁目32番18砂川七番(500)62.377.9
立川市柏町4丁目12番25砂川七番(700)64.280.2
立川市富士見町2-12-7立川(890)93.4116.8
立川市富士見町2-13-8立川(1000)7998.7
立川市富士見町4-10-10西立川(1200)6783.8
立川市富士見町6-63-27柴崎体育館(1700)49.161.4
立川市羽衣町2-24-5西国立(600)74.292.7
立川市羽衣町3-6-5西国立(500)72.690.8

 

2、路線価の計算方法

ここからは、相続税の申告のために、きちんと計算をしたい方向けです。

(立川市の路線価は、こちらから調べることができます→「国税庁 路線価図評価倍率表」)

 

上の国税庁のサイトを調べていくと、このような地図が表示されます。

 

立川市の路線価図(一部)

立川市の路線価図

 

道路の上に「210 D」とか「255 D」といった数字とアルファベットで表示されていますが、こちらが路線価になります。

単位は千円/㎡なので、坪単価で知りたい場合には、この数字に3.3倍してください。

 

ここからは、代表的な計算例をいくつかご紹介します。

 

①一方のみが道路に面している宅地

路線価の計算方法1

 

上のように、土地の1辺しか道路に接していない場合は、道路上に表示された路線価に土地の面積を掛け合わせます。

アルファベットは借地の場合のみ計算が必要になりますので、今回は無視します。

 

上の図の場合だと、

240千円/㎡ × 200㎡ = 4,800万円

となり、これが相続税評価額となります。

 

②正面と側面が道路に接している土地(角地)

路線価の計算方法2

 

角地のように、2つの道路に接している土地もありますよね。

この場合には、面している道路のうち、路線価の高い方を正面、低い方を側面として計算します。この場合であれば、正面は東西に走る道路の「240 C」で、側面が「200 D」となります。

 

計算式は、

(正面の路線価 + 側面の路線価 × 側方路線影響加算率)× 土地の面積

となります。

 

いきなりややこしくなりましたが、難しいことはありません。

考え方としては、

  • ①の1辺だけ道路に接している土地より、②の角地の方が価値が高い
  • そのため、正面の路線価に数%上乗せ(側面の路線価 × 側方路線影響加算率)をして計算する

ということをやっているだけです。

 

側方路線影響加算率とは

ちなみに、側方路線影響加算率は、以下の表の中から当てはまるものを使います。

側方路線影響加算率

(参考:国税庁)

 

この場合であれば、普通住宅地区の角地なので、0.03倍を使います。

というわけで、②の図を使って、実際に計算してみると、

(240千円/㎡ + 200千円/㎡ × 0.03)× 200㎡ = 246 × 200 = 4,920万円

ということになります。

 

③その他の注意点

上の2例に加えて、土地の形状によっては、以下の倍率を加算する必要があります。

 

細長い土地:奥行き価格補正率

土地はなるべく正方形に近い土地ほど、価値が高くなり、「うなぎの寝床」と言われるような細長い土地は価値が低くなります。

そのため、土地の形状によっては、路線化を減額することが可能で、「奥行き価格補正率」と呼ばれます。

 

奥行き価格補正率表(一部)

奥行き価格補正率

 

(参考:国税庁)

 

上の表の赤い枠で囲った部分が、普通の住宅地で使われる掛け目です。「1.00=1倍」なので、「0.97=0.97倍=3%減額」となります。

奥行きが10m未満、または24m以上の場合には、3〜20%の減額が可能になります。

 

借地の場合:借地権割合

借地の上に家を建てている場合は、その土地を所有しているわけではなく、借地権を持っていることになります。

借地権では、その土地を売却できませんが、借り続ける権利はあるので、財産として評価されます。

 

そのため、保有している土地評価よりも、安い評価額になります。この掛け目の計算方法が、借地権割合と呼ばれます。

先ほどの計算例の中で出てきた図では、「240 C」という表示がありましたが、この「C」に当たる部分が借地権の割合を示しています。

 

借地権割合
 借地権割合
A90%
B80%
C70%
D60%
E50%
F40%
G30%

 

先ほどの①②の計算では、保有している土地の計算でしたが、借地の場合には、この価格に上の表の割合を掛け合わせることで、相続税の評価額を計算することになります。

 

この他にも、「正面と裏側が道路に面している場合」や「間口が狭い土地」「崖に面した土地」など、様々なケースで補正率が設定されていますので、該当する場合には、国税庁のこちらのページを参考にしてみてください。

 

3、相続で利用する際の注意点

相続税の申告の際には、路線価図を参考に評価額を計算すれば問題ありませんが、「親や兄弟などの間で、誰がどの財産を相続するか?」を話し合う場合には、注意が必要です。

 

というのも、路線価は公示地価や基準地価の80%の価格で計算されているため、実際に売却する場合には、もっと高い価格で売れるケースが大半だからです。

しかも、公示地価や基準地価ですら、実際の取引価格とは、かなり違っている場合もあります。

 

例えば、「柴崎町(しばさきちょう)」という地区があります。

柴崎町は、立川駅の南側に広がる住宅地です。

 

このエリアの土地取引を調べてみたところ、

  • 公示地価:127万円/坪
  • 実際の取引価格:97〜340万円/坪

と、公示地価の約0.7〜2.7倍で取引されていました。

最高価格は、最低価格の3.5倍です。

 

【立川市柴崎町の公示地価】

立川市柴崎町の公示地価

  • 立川駅から600mの距離、徒歩約7分(1分=80m)
  • 385,000円/㎡ × 3.3(㎡/坪) =127万円/坪

(参考:国土交通省地価公示・都道府県地価調査)

 

【立川市柴崎町の土地取引(過去2年間)】

立川市柴崎町の土地取引

  • 徒歩8〜10分のエリアで、97〜340万円/坪で取引されている

(参考:国土交通省 不動産取引価格情報検索)

 

つまり、相続の際には、実際の取引価格も調べておかないと、あとあとで大モメになったり、そもそも相続の話し合いが進まない可能性が高いんですね。

 

では、どうすればトラブルにならず、スムーズに話し合いができるのか?

オススメは不動産の一括査定サービスです。

 

というのも、上の取引例のように、価格がかなりかなりブレてしまいやすいため、1つの不動産会社の査定だけでは、相続人全員が納得しにくいからです。

その点、複数の不動産会社の査定を見れば、「だいたいこれぐらいが相場なんだな」と納得できるため、あとあとのトラブルになる心配もありません。

こちらの「すまいVALUE(バリュー)」は、取引実績の多い大手6社に無料で査定を依頼することができます。

 

住まいVALUE

 

特に、「三井のリハウス」「住友不動産販売」「東急リバブル」の3社は、ここでしか査定を依頼できないため、大手不動産会社に査定の依頼をしたい場合には、こちらのサービスを活用するといいでしょう。

 

 

すまいバリューで査定するならこちら

 

地域密着企業にも依頼したいなら、イエイ

すまいバリューは大手6社しか参加していないため、地域密着の不動産会社に査定を依頼したい場合には、「イエイ」が、参加している不動産会社が1,700社以上と多いのでオススメです。

 

イエイ

 

こちらのサービスでは、専門スタッフが常駐しており、相続についての相談も無料で行っているため、手続きや評価方法の計算など、様々なことで相談できるのもメリットですね。

無料で使えますので、1度調べてみてはいかがでしょうか?

 

イエイで査定するならこちら

 

 

 

コメント